「またおじさんから、合コンのセッティング頼まれちゃった…」

イラストレーターのB子(26歳)が、ユウウツそうにつぶやいた。ある中堅出版社の仕事をきっかけに、編集部長のDさんから飲みに誘われることが増えたらしい。そのうち要求はエスカレートし、「合コンしたいね。友だち呼んでよ」とたびたび頼まれるようになった。

結婚のチャンスはあった? 夢を叶えた人生

Dさんは50歳目前の40代男性。これまで「仕事に命を捧げてきた」アラウンド・フィフティだ。昔は作家先生と飲みに行き、深夜に会社へ戻って朝7時の入稿に間に合わせたものだ、と懐かしそうに語っていたという。

土日の出張も多く、今でも全国各地を移動することもあるが、小さいころから出版業界に憧れていたDさんにしてみれば、そんな暮らしもまったく苦痛ではなかった。仕事面にフォーカスすれば「夢を叶えたオトコ」と言えるだろう。

落ち着いた見た目のため既婚者に見えたが、「実はずっと独身」と聞いてB子は驚いた。その様子を見て、Dさんは慌てたように言い訳をし始めたという。

「いや、僕にだってね、結婚のチャンスは何回かあったんだよ。結婚しようかなと思った人もいたしね。でも、20代のころは仕事を覚えたくて、とにかくガムシャラにやるじゃない? 30代になるとできる仕事が増えて楽しくなったし、40近くなるとそれなりの役職がついて部下も抱えてやることが増えて…。そんな感じで婚期を逃しちゃったのかもしれないねえ」

人生のターニングポイントで、結婚より仕事を選んだDさん。B子は「結婚したって仕事をバリバリしてる人、たくさんいるじゃないですか! 結婚しなかったんじゃなくて、できなかっただけじゃ?」とツッコミたくなったが、そこは黙っていた。少なくとも、Dさんが仕事を愛してやまないのは事実だからだ。

先祖代々のお墓参りで、新たな思いが湧き出した

様子が少し変わったのは、珍しくDさんが会社を休んでから。実家の父親が亡くなり、葬儀や後片付けを終えて帰ってきたDさんの打ち明け話を聞いて、B子はあまりの生々しさにギクッとしたという。

「先祖代々のお墓参りをしたとき、ひとりっ子の自分がいなくなったら、このお墓は誰が面倒を見るのだろうか…。そう思ったら、ふと『子孫が欲しい』という思いが湧き出して、たまらなくなっちゃったんだって。『子ども』じゃなくて、『子孫』よ!」

部下の話によると、Dさんは最近「俺はもう結婚することに決めた」「財産目当てでも何でもいい。とにかく子孫が欲しいんだ」とふれまわっているという。

そんな話の後で、「もう1回、別の子を集めてくれない? 20代の健康な子でよろしく」と頼まれたものだから、B子にもプレッシャーがかかる。確かに最近、落ち着いた40代男性の人気は高いけれども、いきなり「子孫」と言われたら驚くだろう。

でも、お金があって生活に困らない「子孫」を欲しがるアラフィフと、若さをもてあましてるけどアクセク働きたくない20代女子…。お互い我欲が出すぎてちょっと引くけど、そんな組み合わせも必ずしも悪くないのかも、と思ってしまった。(池田園子)