電車やオフィスで、隣の人がクサくてイヤな思いをしたという人はいないだろうか? と同時に、自分は大丈夫なのか?と不安に思ったりもするが、自分のニオイは自分では気づかないもの。

 暖かくなってきたこれからの季節、どんなことに気をつければ、ニオイを抑えることができるのか。公式サイト『美肌百貨』が人気の日本で唯一の男性美容ジャーナリスト、加藤智一に話を聞いた。

「イヤなニオイは“寝汗”が原因ということもあるので、朝にシャワーを浴びるか、濡れコットンやティッシュで首元と耳の周辺を拭き取るだけでニオイ対策できます。朝のちょっとした気遣いで、夕方のニオイがだいぶ変わります」

 現在、ドラッグストアなどには消臭グッズがあふれ、どの商品を選べばいいか迷ってしまう。

「消臭対策の基本は、(1)ニオイを取り去る、(2)防ぐ、の2ステップがあります。もちろんふたつの機能性を併せ持つアイテムもありますが、それぞれに特化したアイテムを活用したほうが効果的です」

 また、使用する際にはある注意が必要だという。

「ニオイを防ぐようなアイテムは、一日の終わりにきちんと洗い流すことが大事。そうしないと、肌荒れや、さらなるニオイの原因になる場合も。また、口臭なら虫歯の治療、足のニオイなら靴のクリーニングなど、ニオイのもとを絶つ根本的な対策も行なうこと。湿度もこれから上がっていくため、洗濯物をしっかり乾かすことも重要。半乾きのニオイにも注意すべきです。単に体臭・口臭対策を行なうのではなく、生活環境からニオイ対策を行なってください」

(取材・文/林 将勝)

【関連記事】
「体臭は遺伝する」男のニオイにまつわるウソ・ホント
重要な打ち合わせ直前にやってくる腹痛には「砂糖」が効果的
「わずか5分でジョギング10分に相当」する『指ヨガ』とは?
さんま、長友佑都。“疲れない男”たちが証明する「マジメな人ほど疲れやすい」
【男のエステ事情】「全身に約150万本」というムダ毛にまつわるウソ・ホント