ホワイトボード不要、何にでも書ける双方向ペン

写真拡大



双方向のホワイトボードを設置するのは、普通の会議室や教室では高価すぎる。しかしこのたび、Interphaseという会社が、高価な物理ハードウェアを使用せずに仮想ホワイトボードを提供できるインタラクティヴな表示システムを発表した。

この新しいPenveuシステムでは、従来からあるホワイトボードは不要だ。インクのいらないワイヤレスのスタイラスで、平面ディスプレーや壁に投影された画像と双方向処理を行える。

涙のしずくの形をしたペンを使用して、画面だけでなく、あらゆる平面に、まるでタッチセンサー式のタブレットで普通のスタイラスを使用しているかのように直接書き込むことができる。さらに空中で手を動かせば、メモやコメントが画面や投影された画像の上に表示される。最大でおよそ12m離れた場所から操作が可能だ。

ペンは、内蔵メモリとインターフェース制御のための装置が入っているので大型だ。色と線の幅は、ペンに付いているボタンとタッチ式スライダーで制御する。ペンには8色の「インク」があり、ペンの先端のそばにあるLEDで現在選択されている色がわかる。

キャリブレーション(校正)はペン先の近くにある小さなカメラを使用してその場で行われるため、使用者は画面を使って校正する必要はない。ペンだけが認識できる画面上の「見えない」点の配列をカメラが読み取る。ペンの向きは12個の加速度計で管理されている。

システム全体は卓上型のボックスで統合されている。このボックスはペンの収納場所も兼ねている。Penveuでは、単純なVGA接続を使用して平面スクリーンやプロジェクターとリンクしている(Interphase社は、一部の会議室や教室に今でも残っている古いハードウェアに対応できるよう、単純な表示インターフェースを使用したいと考えたのだ)。またこのシステムは、コンピューターなしでも使用できる――ペンが画面上に手書きされた内容を内蔵メモリーに直接保存するのだ。

7月に3つの価格で販売される。8GBの「教育機関向け」バージョンは500ドルから。「企業向け」の8GBと16GBバージョンはそれぞれ700ドルと800ドルだ。



TEXT BY ROBERTO BALDWIN
TRANSLATION BY ガリレオ -天野美保「ホワイトボード不要、何にでも書ける双方向ペン」の写真・リンク付きの記事はこちら



【関連記事】
「虚偽の記憶」を減らす方法
iPadに一眼レフ用レンズと三脚を付けるケース
顕微鏡や望遠鏡にiPhoneを付ける万能アダプター
日本のゲームセンターを描くドキュメンタリー『100円』
「友達の友達」でオリンピック選手とつながれるFacebookアプリ