小松未可子、待望のデビュー曲は『モーレツ宇宙海賊』のイメージソング! 「Black Holy」、4月25日リリース (1) 小松未可子「Black Holy」、4/25発売

写真拡大

2012年1月より放送開始となったTVアニメ『モーレツ宇宙海賊』でヒロイン・加藤茉莉香役を演じる小松未可子が、2012年4月25日に、ソロデビュー曲となる「Black Holy」をリリースする。

本作は、TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』のイメージソング&ゲストエンディング曲。

第9話、12話にてすでに放送されており、大きな話題をよんでいる。

そこで今回は、「Black Holy」にてアーティスト活動を開始する小松未可子が語ったメッセージを紹介しよう。

――4月25日にソロデビュー曲となる「Black Holy」がリリースされますが、現在の率直な気持ちを教えてください小松未可子「実感はまだわいていないです。

ただ、作品のゲストエンディングとして流れたのを聴いたときには、本当に歌の側面からも作品に関われているんだなって思えたので、気持ちの面では一歩進んだ感じです。

これまで、キャラクターソングも歌ったこともなかったので、作品に歌で関わるのは今回が初めての体験なんですよ。

エンドロールに自分の名前と『Black Holy』というタイトルを見つけたときは、ちょっと感動して、鳥肌が立ちました」――キャラクターではなく、小松未可子としてのクレジットですからね小松「そうなんですよ。

”小松未可子”って書いてあって、『これ、私だ!』って(笑)」――オンエアはリアルタイムで観たのですか?小松「リアルタイムです。

『モーレツ宇宙海賊』は、毎回リアルタイムで欠かさず観て、実況までしていますから(笑)。

なので、Twitterでファンの方の反応をすぐに見ることができて、すごくうれしかったです」――自分の曲がエンディングで流れる回をを観るときは、やはりいつもとは違う感じだったのでしょうか?小松「始まる前から、ずっとソワソワしていました。

エンディングで流れるということは事前に聞いていたのですが、どういうタイミングで曲に入るのかがわからなかったので、ちょっと落ち着かなかったです。

本当に流れるのかな、いつもどおりの『LOST CHILD』だったらどうしようって(笑)」――歌は初めてということですが、歌手・アーティストという仕事に興味はあったのですか?小松「もともとこのお仕事を始めようと思ったきっかけは、”歌が好き”というところからなんですよ。

レッスンを受けていたり、特別に歌が上手かったりというわけではないのですが、とにかく歌が好き、というのがこの世界に飛び込むきっかけになっています。

その後、役者の仕事にもひかれていったのですが、巡り巡ってここに辿り着いたのは、縁というか、運というか。

不思議な感覚ですけど、最初の願いが叶ったので、すごくうれしかったです」――ソロデビューが決まったときはいかがでしたか?小松「『本当ですか!』って(笑)。

『モーレツ宇宙海賊』のオーディションを受けたときも、特にそのようなお話はなかったので、歌うにしてもキャラクターソングかなと思っていたんですよ。

それがまさかのソロデビューですから、すごくビックリしました。

ある日、スタッフの方に『カラオケに行きましょう』と言われて、それはスタジオがいっぱいだったからなんですけど(笑)、それで十数曲歌って、それをCDに録って帰られたんですよ。

そうしたら後日、打ち合わせのときに、『小松さんに、モーレツ宇宙海賊のイメージソングを歌ってほしい』と言われまして、『本当ですか?』って。

本当に最初は信じられなくて、レコーディングをしても信じられなくて、エンディングで流れたのを聴いて、ようやく『本当だったんだ』って。

まだあまり信じきれてはいないんですけど(笑)」――CDが出来上がって、店頭に並べば大丈夫でしょう小松「発売日には自分でCDショップに買いに行って、ちゃんとお店に並んでいるのを確認したいと思っています(笑)」(次ページへ続く)