静岡ホビースクエア「ロボット大集合!×海洋堂フィギュアミュージアム」 (1) 新旧様々なロボット作品が勢ぞろい! 海洋堂フィギュアミュージアム

写真拡大

3月3日(土)から4月8日(日)にわたって「静岡ホビースクエア」で開催された「みんなのロボット大集合!×海洋堂フィギュアミュージアム in SHIZUOKA 3rd STAGE」。

先週、終了直前!ということでニュース記事の形でお伝えしたが、今回はそちらでも予告したフォトレポートをお届けしたい。

ホビースクエアのイベントスペースへ足を踏み入れると、「愛知工業大学・AIT鉄人プロジェクト」の「大鉄人AIT-G3」と、三菱重工のコミュニケーション・ロボット「wakamaru」がお出迎え。

これら2体はイベントに入場しなくても操作体験ができた。

「大鉄人AIT-G3」は、学生たちが身長180cmの鉄人28号大型フィギュアをベースに可動化したもので、リモコンのレバーで左右の腕を操作可能。

また、目にはカメラが内蔵され、顔認識機能も搭載。

人が近づくとギョロリと目玉が動く、という仕様だったが、筆者が訪れた時には調整中であった……残念!「wakamaru」は、「EXPO 2005 愛知万博」でも活躍したコミュニケーション・ロボット。

額の2つのセンサが平安朝風の眉に見えることもあり、牛若丸にちなんで命名されたとか。

音声認識や顔認識機能を搭載していて、握手、ジャンケン、体操など、話しかけて一緒に遊ぶことができた。

それではいよいよ企画展会場へ。

ゲートをくぐると、ドジャーン! てな感じで、いきなり等身大のアイアンマンが。

手のひらからリパルサー・レイを放つポーズがインパクト大。

映画レプリカを展示する名古屋市代官町の「和錆美術館(アートサロン和錆)」自律ロボットではないけど、アイアンマンのアーマーはまさにRTバリバリのパワードスーツだよね……ということで、今回の展示は”ロボット”をかなり広く捉えたものになっていた。

この企画は、昨年末からホビースクエアで開催されてきた海洋堂の作品を紹介するシリーズで、「1st STAGE」では、チョコエッグやタイムスリップグリコなどを中心に様々なジャンルのフィギュアを展示し、「2nd STAGE」では、ガレージキット30年の軌跡を振り返った。

今回の「3rd STAGE」では新旧大小様々なロボット関連フィギュアが大集合。

中には歴史的・伝説的な作品もちらほらと。

最初のアイアンマンでもわかるように、ここでの”ロボット”は厳密な意味に限らず、よく”アレはロボットじゃない!”と言われるエヴァンゲリオンなども展示され、さらには仮面ライダーなども”サイボーグ”の一種として紹介。

様々なヒーローやキャラクターの在り方を提示した上で”ロボットとはなんだろう?”、”ロボットとサイボーグの違いは?”、”どこまでがロボットなんだろう?”などなど、ヒントと問いかけを与えつつ、観覧者に自ら考えてもらう趣向になっていた。

(次ページへ続く)