「就寝カプセル」を購入するIT企業が増加:動画

写真拡大

「「就寝カプセル」を購入するIT企業が増加:動画」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロンドンにあるいくつかのデータセンターのスタッフたちは、2012年夏にオリンピックで道路等が渋滞しても、長い通勤時間に煩わされることはない。先進的な「就寝ポッド」に泊まって、職場を離れずにすむようになったからだ。

PodTime社は1台1,375ポンド(2,190ドル)で就寝ポッドを販売している。同社はこの1カ月間で、Interxion社が運営するデータセンターなど、ロンドン市内の3カ所の施設に19台の就寝ポッドを販売したという。

PodTime社創設者のジョン・グレイは、もともとはMerrill Lynch社でプロジェクト・マネージャーとして働いていたが、眠気を誘うようなある日の午後に就寝ポッドの事業を思いついた。グレイ氏は同社を1年前にロンドンで創設したが、今年2月にInterxion社からポッドを購入したいという連絡を受けたときは驚いたという。そのときまでグレイ氏は、自分がターゲットにする市場は、働き過ぎて疲れた金融会社の社員や空港の旅行客、ユースホステルなどだと考えていたからだ。Interxion社は、ヨーロッパ各地で28カ所のデータセンターを運営する企業だ。

その後、ロンドンにある別のデータセンターもPodTime社に連絡をとってきた。グレイ氏は会社の名前は挙げなかったが、1社は4台を購入したという。もう1社は5台を購入した。

就寝ポッドには、鍵のかかるドア、マガジンラック、コンセント、LED照明が装備されており、通常ならMRIでしか得られないような、穴に潜り込むという特別なスリルを味わうことができる。全体のサイズは約120x120x200cmだ。

Interxion社はプレスリリースの中で、ポッドを購入したのは、オリンピックの期間中に技術スタッフたちが週7日、1日24時間現場に滞在できるようにするためだと説明している。「Interxion社では、施設に……万が一にも障害が起きないよう、対応力を強化する必要があることに気づいた」

「チューブ」と呼ばれるロンドンの地下鉄は、オリンピック開催中には最大で1日に460万人と、これまでに扱った数を超える乗客を運ぶことになると予想されている。


TEXT BY ROBERT MCMILLAN
TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓



【関連記事】
身長約1.5mのロボット看守を導入:韓国
北朝鮮の公式英語ページは「制作費15ドル」?
「レーザーでセンサーをやられた」キヤノン5D MkIIの動画
ホワイトボード不要、何にでも書ける双方向ペン
リドリー・スコット:「最新アンドロイド」の宣伝動画