【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ソロモンの鍵」

写真拡大

アクションパズルゲームの傑作

(画像:YouTubeより)
©TEIKAN

「ソロモンの鍵」は1986年にテクモ(現 コーエーテクモ)からリリースされたアクションパズルゲームです。

本作は主人公の魔法使いダーナを操作し、「換石の術」を駆使して鍵を取り、扉を目指すというのが基本ルールです。

なお、本作はアーケード版とファミリーコンピュータ版がほぼ同時に開発され、それぞれが微妙に違うテイストを醸しています。

※アーケード版はアクション性がやや強く、ファミリーコンピュータ版はパズル性が強いニュアンスとなっています。
Solomon's key (ソロモンの鍵)


ちなみに「ソロモンの鍵」はもう一つの目的としてソロモンの秘伝書の入手、リヒタ姫の救出等があります。

実際、それらを全て達成するのは困難を極めます。

※謎解きが理不尽な上、アクションゲームとしての難易度もかなり高めに設定されているためです。

しかし、それらを達成したときの充実感は何物にも変えられません。
ゲーム偏差値ファミリーコンピュータ版「ソロモンの鍵」ではゲーム偏差値という特殊な評価方法を採用していました。これは得点、謎解き等によって評価点が変動するというシステムのため当時のプレイヤーはゲーム偏差値との勝負も楽しんでいたようです。

※但し、学校の偏差値は反比例的に下がっていたのは内緒です。


【ライター:清水サーシャ】

■関連記事
ハーゲンダッツジャパン、ミニカップアイスクリーム「クリーミー ミント」を発売
【アニメ】「ゆるめいつ3でぃ」第3話「エイプリルフール」(ネタばれ注意)
Facebook発!!ソーシャルウェディング「7万人から出会ったSNSカップル」と「結婚式での再出発を誓ったカップル」
「ラブプラス TOOLS」修復アップデート配信開始
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「スカイキッド」