フェラガモがMolteni & Cと家具制作 ミラノサローネで発表

写真拡大

 イタリアの老舗ブランド「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)」が、4月17日から4月22日まで開催される「2012年ミラノサローネ国際家具見本市」に合わせて、インスタレーション形式の展示「Eclaté(エクラテ=爆発)」を発表する。イタリアの家具ブランド「Molteni & C(モルテーニ&C)」とタッグを組み、新進気鋭のデザイナーConstance Guisset(コンスタンス・ギセ)が手掛けるランプやチェアをブティックに展示。これに合わせ、限定バッグ「ミニ・ソフィア」と「ソフトW」が登場する。 フェラガモがミラノサローネ参加の画像を拡大

 インスタレーションを手掛けるConstance Guisset氏は、パリを拠点に活動するアーティスト。2008年に新人部門でパリ市デザイン・グランプリを受賞したほか、2009年にはデザイン・パレードで観客賞、2010年にはアウディ・タレント・アワード、2011年にはウォールペーパー誌の「ベスト・ユース・オブ・カラー」賞と、多数の賞の受賞暦がある。 「Salvatore Ferragamo」のブティックに展示されるされるインテリアは、Constance Guissetが「Molteni & C」のためにデザインしたランプ「MO」とチェア「SOL」。「MO」は、2011年デザイナーズ・デイズで最優秀セットデザイン賞を受賞したランプで、宙に浮かんだ彫刻のようなしなやかで躍動的なデザインが特徴。様々な形のユニットをつなぎ合わせた木製の骨組みの中で、ネオン管が光る。小さなロッキングチェア「SOL」は、柔らかく繊細なフォルムが特徴。これらのアイテムで表現される「Eclaté(エクラテ=爆発)」は、無限に繰り返される力強い視覚的なモチーフがインスピレーションになっている。 同時に発表される「Salvatore Ferragamo」のバッグミニ・コレクションは、アイコンバッグ「ソフィア」のミニバージョン「ミニ・ソフィア」と、2011年春夏コレクションで最も人気が高かったモデルを小さくリモデルした「ソフトW」の2型展開。自然、多様な色彩、そして光と質感のコントラストからインスピレーションを得て、熟練の職人によってベースとなるパイソンレザーを色付けしているため、一点ずつ表情が異なる。バッグの内側にイベントを記念したメタルプレートが付き、主にミラノのブティックで販売される。