磁性流体の不思議な世界:動画ギャラリー

写真拡大

「磁性流体の不思議な世界:動画ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

これから紹介する動画はCGによって制作されたものではない。純粋な科学的事象だ。

黒い液体の混合物は磁性流体と呼ばれるものだ。ナノサイズの強磁性微粒子が、水または有機溶剤に浮遊している状態で、磁界を近づけると磁性流体が膨れ上がり、エイリアンのような形や構造を作り出す。

[磁性流体は、マグネタイトやマンガン亜鉛フェライトなどの強磁性微粒子と、その表面を覆う界面活性剤、ベース液(水や油)の3つで構成される磁性コロイド溶液。磁性流体中の強磁性微粒子は、界面活性剤とベース液の親和力と界面活性剤同士の反発力により、ベース液中で凝集したり沈降したりすることなく安定した分散状態を保っている]

磁性流体はもともと1960年代に米航空宇宙局(NASA)が発見したもので、現代のさまざまな用途に利用されている。ハードディスクの中で回転するドライヴシャフトを覆う液状のシール剤として使われたり、不要な共振を抑えてスピーカーの音質を向上させたりするほか、美術館で展示されることさえある。以下、科学とアートが一体となった動画作品を紹介していこう。


上の信じられないような映像では、磁性流体が螺旋状に伸びて、2つのコルク抜きのような形の塔を作る。この手法を初めて手がけたアーティストのひとりである児玉幸子[電気通信大学准教授]の『Morpho Towers - Two Standing Spirals』というタイトルのインスタレーションだ。

WIREDでは2007年の『Nextfest』で児玉氏の作品を紹介した(日本語版記事)。



磁力の研究


ロブリー・マクドネルのヴィデオ・クリップ『磁力の研究』。鉄を含む粒子が平面上でダンスや渦巻きを披露してくれる。



重力を無視


重力を無視する磁性流体。上方にある、突起で覆われた磁性流体の大きな球体に向かって流れ込んでいく。ニコラス・ロッコの作品。




1本のボルトが磁性流体の流路の役割を果たしている。ねじ山を磁性流体が滑らかに上がったり下がったりして不思議な形を作り出す。スターリング・エルメンドーフの作品。




薄く広がった磁性流体が際限なく形を変え続ける迷路になる様子はまさに見ものだ。 Roadnarrowsの作品。




ギャリー・ジョンズが制作したこの作品では、異なる金属を使って複数の磁性流体を動かしている。2011年にジョンズ・ホプキンス大学で開催された物理学展示会で紹介されたこの映像は、奇妙な夢のようだ。




アーティスト、アフィク・オマールによるひとつめの作品『Ferroux』は、薄く広がる磁性流体を使っている。ロールシャッハ・テストに使われるインクの染みを思い出させるような、幻想的な動きだ。

以下は、同氏による別の作品『Ferreum

ADAM MANN AND NURIE MOHAMED
TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓



【関連記事】
北朝鮮の公式英語ページは「制作費15ドル」?
「レーザーでセンサーをやられた」キヤノン5D MkIIの動画
ホワイトボード不要、何にでも書ける双方向ペン
リドリー・スコット:「最新アンドロイド」の宣伝動画
10日間で4億円弱を集めたスマートウォッチ、開発の秘訣