「こんな会社、辞めてやる!」と退職した、もしくは退職したいと思っているアナタ、その理由をもう一度、よく考えてみませんか?

写真拡大

“5月病”という言葉も今は昔。新卒で就職した学生のうち、3分の1が「3年以内に退職する」と推測されている現在では、もはや“4月病”が当たり前かもしれない。

 専門学校で写真を学んだ後、ハローワークで見つけた印刷会社に就職したAクンは、わずか1週間で退職している。

「試用期間中だったので、入社したとは言えないかもしれません(笑)。募集要項には“印刷会社での写真加工”の仕事だと書いてありました。でも実際に会社に行ってみると、やっているのは延々とリストにある画像をPCで探し、指定フォルダへ入れていくだけの作業。一日でうんざりしてしまいました。そこでスキルアップしたら別の仕事が与えられるなら我慢しますが、その会社にそんな仕事はないんです。会社の雰囲気も暗く、すぐ結論を出しました」

 一日でうんざりしたAクンには同情しかねる部分もあるが、事実こういった決断の早い若者は増えている。2006年に出版された『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(光文社新書)が話題を呼んだ城繁幸氏は、「企業を取り巻く環境の悪化で、その後も早期退職の傾向は強まっている」と語る。

「若い人がすぐに辞めるのも理解できます。ブラック企業は論外として、一般の企業でも年々給料が上がっていく終身雇用が崩れて、長く勤めるメリットがなくなってきたからです。仕事が楽しくきちんと評価してくれる会社ならいいですが、ほかにやりたい仕事があったり、もっと条件のいい会社があれば、移ったほうがよほど合理的。『とにかく我慢して会社に居続けなさい』というアドバイスが有効だったのは1980年代までです。1990年代以降は、そのアドバイスに従ったことにより廃人のようになってしまった人が、僕の周囲にもたくさんいます」(城氏)

 大学卒業後、希望の中堅広告会社に入社できたにもかかわらず8ヶ月で退職したBクンの言い分。

「大した研修もなく、上司も全然仕事を教えてくれないなかで、月に500万円の営業のノルマを課されました。質問をしたら『少しは自分で考えて行動してみようか』と言われ、見よう見まねでやっていたら、今度は『勝手にやらないでちゃんと聞け』と言われて……。ある日、『体調が悪いので休みます』と会社に連絡したら、『じゃあすぐ会社に来て。ほんとに体調悪いかどうか見るから』と言われ、もうたくさんだと思いました」

 仕事内容よりも、むしろ人間関係で辞めてしまったBクンだが、前出の城氏は、早期退職の理由についてこうアドバイスする。

「『なんとなく嫌だから辞めた』では、今より状況が良くなることはないかもしれません。人間関係や仕事がきつい、残業が多いという問題もどこに行ってもあるので、それを理由に辞めることはしないほうがいい。いずれはこういう仕事がしたいから、そのためにこういう経歴が必要だから転職するというように、まず自分の目的地を定めた上で踏み出す。これは学生には難しく、いったん社会に出た人だからできることですから」

 5年後、10年後のビジョンがなければどこで働いても不満は出る。だが、「目的地」さえ見えていれば早期退職はその第一歩にもなるということだ。

(取材/梶野佐智子、イラスト/村上テツヤ)

【関連記事】
3分の1が3年以内に退職。早期退職者たちの言い分とは
社員は従順な奴隷。辞めたいのに辞めさせないブラック企業が増加中
受信料値下げ額はわずか70〜120円。NHK職員ひとり当たりの人件費は年間1708万円
わずか2年弱でTOEIC980点。“奇跡の郵便配達員(51歳)”のモチベーションとは
「労働にミスはつきもの」違法な給与天引きにはNOを言う勇気を