月に隠れていたナチス軍が地球襲来 衝撃作『アイアン・スカイ』9月日本公開決定

写真拡大

月の裏側で息を潜めていたナチス軍が地球襲来。そんなキャッチー過ぎる設定からコアな映画ファンの間で話題を呼んでいる映画『アイアン・スカイ』。本国フィンランドで異例の大ヒットとなっている中、日本公開が9月に決定しました。

『アイアン・スカイ』は、「第二次世界大戦後、敗北したかに見えたナチス軍は、月の裏側に逃げ込んだ。そして2018年、地球を侵略しに帰って来る」という衝撃的なプロットで、フィンランド、ドイツ、オーストラリアが共同制作したSFサスペンス。

ベルリン映画祭でも空前の盛り上がりを見せ、目玉作品としてプレミア上映された。また、世界中の映画ファンからカンパを募り、その総額が約100万ユーロ(約1億万円)にのぼるという現象も起きています。

現在公開されているフィンランドでは、全米歴代3位のオープニング成績を記録し、フィンランドでも大ヒット中の『ハンガーゲーム』を抑え、そして同日公開となった『タイタニック 3D』と約2倍の差をつけて1位を獲得。

また、わずか2ケ月で800万回再生という注目度最高の予告編にも注目。日本での9月公開の他、本作は、すでに全世界70カ国での公開が決定。さらなる話題を呼ぶこと間違い無し!

http://gacchi.jp/movies/iron-sky/