韓国の大手芸能プロ代表が暴行容疑で逮捕、韓流一大スキャンダルに発展か

写真拡大

ソウル江南警察署は13日、タレント志望生らに常習的に性的な暴行を加えていたとして、韓国大手芸能プロダクションの代表(51)を暴行容疑で逮捕したと発表した。

代表は2010年11月から11年8月まで、ソウル江南区にある事務所などで、歌手を目指している女性や新人俳優など6人に対し、10数回に渡り性的暴行を加えたりセクハラ行為をした疑い。

これまでの調べで、被害者のうち2名は、10代の未成年者であることが判明した。警察は、代表が男性アイドルグループのメンバーに、タレント志望生を暴行するよう強要した容疑でも捜査を行っている。

警察は事務所に設置されていた防犯カメラの映像や、電話の通話記録などの証拠物を確保した状態だが、さらに代表が志望生と性的な関係を持った場面を写真や映像で残した可能性があるとして、カメラなどを押収した。

逮捕された代表は、韓国芸能界に大きな影響力を持つ人物で、これまで韓流関連のイベントなどさまざまな事業を手がけてきたという。

参照:京郷新聞
参照:SBS(韓国)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。