<ウェルター級/5分3R>
ジョン・マグワイア(英国)
Def.2R4分40秒 by 腕ひしぎ十字固め
ダマルケス・ジョンソン(米国)

サウスポーのマグワイアに対し、リーチに優るジョンソンが右ローを放っていく。パンチを放ちながら、テイクダウンを決めたマグワイアに対し、ジョンソンはギロチンを見せるも、すぐに首を引き抜かれる。ここで、三角からオモプラッタに移行し、腕を極めていく。2度、前転して腕を引き抜いたマグワイアは右エルボーを落とし、腰をコントロールする。

ヒップスローを潰されたジョンソンは、直後にハーフを許してしまう。パス狙いのマグワイアにパンチを入れるジョンソンだったが、パスを許してしまう。足を戻せないジョンソン。鉄槌を受けながらも腰を押してヒップエスケープから足を戻そうとするが、上体を起こしたマグワイアが瞬く間にバックマウントへ。そのままの状態で1Rが終わった。

2R、マグワイアは左ストレートから素早くテイクダウンを奪うが、ジョンソンはリバーサルを決めてトップへ。手首を掴んでくるマグワイアにエルボーを落としたジョンソンは、三角絞め狙いを担いでパスへ。

スタンドへ戻ると、ジョンソンの右ハイでふらついた素振りを見せたマグワイアは、ロー2発を受け、嫌そうな表情を浮かべる。組みついてヒザを繰り出すジョンソンだが、マグワイアはシングルレッグでテイクダウンを奪う。

下からエルボーを入れるジョンソンに対して、ハーフの体勢になったマグワイアだが、キムラを仕掛けられる。残り1分を切り、ハーフからのキムラに力を入れるジョンソンだったが、ハーフから足を抜いたマグワイアは、ジョンソンのクラッチを利用して腕十字へ。左腕が完全に伸びたジョンソンがタップし、マグワイアが逆転一本勝ちを収めた。