<ミドル級/5分3R>
フランシス・カルモン(フランス)
Def. 2R1分42秒 by リアネイキドチョーク
マグナス・セデンブラッド(スウェーデン)

長身同士の一戦、セデンブラッドが左を伸ばすが、プレッシャーをかけているのはカルモンの方。セデンブラッドの右に、左ミドルを入れたカルモンがテイクダウンを奪う。ガードを取ったセデンブラッドの腕十字狙いをかわして立ち上がったカルモン。しかし、その動きに呼応したセデンブラッドが同時に立ち上がって、腰に組みつきテイクダウンを奪う。

マウント状態になったセデンブラッドは、リアネイキドチョーク狙いから、カルモンにパンチを連打する。背中に張りついてのパンチから再びリアネイキドチョークを仕掛けたセデンブラッドは、仰向けでカルモンの背中を伸ばす。

腕をたぐって、胸を合わせたカルモンは一気に静かになった会場で、パウンド&鉄槌を落とす。残り30秒、ハーフからパンチを落とすカルモンが、マウントを取りパンチを落とすも、セデンブラッドがブリッジから前方に落とされ1Rが終わった。

2R開始早々、テイクダウンを奪ったカルモンは、腰をコントロールしながら、パンチを落としマウントへ。背中を見せたセデンブラッドにパンチを落とす。今度は落されることなく、勢いのあるパンチを落とし続けるカルモンに、セデンブラッドは仰向けとうつ伏せを繰り返す。しかし、ついにリアネイキドチョークに捉えられると、直後にタップアウトの意思を示した。