【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「リブルラブル」

写真拡大

ばっちしバシシ 奇跡を起こせ!

(画像:YouTubeより)
©NAMCO

「リブルラブル」は1983年にナムコからリリースされたアーケードゲームです。

本作はレバー2つでリブルとラブルという矢印のようなキャラクターを動かし、画面上にある杭を利用して囲み込みマシュリン(キノコ)や敵(ホブリン等)をバシシ(攻撃)するゲームです。

このレバー2本で囲い込むというシステムを採用しているゲームは私の知る限り「リブルラブル」以外存在していないです。しかも「リブルラブル」の続編も出ていないので純粋に本作のみという極めて珍しいゲームとなっています。

※囲い込むというシステムは「クイックス」等、レバー2本というゲームは「クレイジークライマー」等で存在します。
Libble Rabble part 2 of 6


さて「リブルラブル」の最大の魅力は「奇跡」です。画面上の何処かに隠れている宝箱をバシシするとトプカプという妖精さんが6匹出てきます。これら全てをバシシするとボーナスステージ(奇跡面)に行けるのですが、これが当時としてはかなり美麗なグラフィックになっていました。

※余談ですが「リブルラブル」のキャラクターは全般的に可愛いのが女性にも人気だったようです。但し、ゲーム内容はかなりの高難易度だったのは否めません。

当時のゲームセンターではハイスコアランキングが「マイコンBASICマガジン」等で採用されていました。もちろん「リブルラブル」でも採用されていましたが、本作の場合、ハイスコアよりも「奇跡」の回数の方が重要視されていました。そのためハイスコアランキングでも奇跡の回数の評価の方が上だったようです。


【ライター:清水サーシャ】

■関連記事
未知なる開拓地へ、JAXAに寄せる熱い思いを星空へ
【ニコニコ動画 ボカロ曲】3曲紹介「またね、じゃあね」「ミクさんがマジックに挑戦します」「End of the sand castle」
【ロンドン五輪】カンボジア代表・猫ひろしのオリンピク出場に暗雲
ローソン、ハワイ州ホノルル市内に「ローソン」を2店舗開店
中国の人たちは豪華なのがお好き!提案したい新土産