『Harper's Bazaar』誌5月号の表紙を飾ったペネロペ・クルスが、ファッションについて語った。

ペネロペは同誌に、レッドカーペット用のドレスを選ぶ基準は1つしかないと告白。

「息ができるような服を選ぶだけよ!」と、ペネロペ。常にゴージャスな装いで人々を楽しませる彼女にしては、やや意外な発言かもしれない。

(そういったドレスはもちろんのこと、パーティーが終わった後はつらいものがある。ペネロペはかつて『VOGUE』誌に対し、「ハンバーガーを食べるのに、そういったキツいドレスを脱がなくちゃいけなくなるの」と語っている。彼女にとって"In-N-Out"(老舗のハンバーガー・ショップ)はアカデミー賞後の"儀式"になっているようだ)

とはいうものの、決してハイファッションが嫌いというわけではないペネロペ。今回のインタビューでは、ローレン・スコット(L'Wren Scott)やアズディン・アライア、アルマーニ、ドルチェ&ガッバーナ、カール・ラガーフェルド、そしてジョン・ガリアーノといったデザイナーのファッションが好きだと話している。

また、最近ではイザベル・マランのウェッジスニーカーもお気に入りだとか。「(この靴は)いつも、そしてどこでも売り切れてるの! イザベルにもっと作ってと言ってちょうだい!」だそう。

そんなペネロペのインタビューの続きはコチラからどうぞ(英語)。