安い・早い・うまいの吉野家風英語上達術

写真拡大


英語の上達は意外な早道があるのです。それはイギリス国営放送のBBCのウェブニュースをチェックするのです。“読む”とは言っておりません、“チェック”するのです。それも毎日でなく、なにか日本で衝撃的な事件が起きたときにBBCのニュースサイトに行くのがよいのです。BBCのニュースサイトは国、または地域別にニュースが細分化されていますので、日本の事件をチェックするには“Asia”をクリックしましょう。

例えば木嶋佳苗容疑者に死刑判決が下されたニュースは、すでに大きな写真つきで報道されています。あらかじめ日本のニュースで内容は知っているので、それを英語で読むのは意外に簡単なのです。

'Black widow' sentenced to death for murder in Japan
A Japanese woman who murdered her three former lovers in 2009 has been sentenced to death.

She met the men on internet dating sites and poisoned them with carbon monoxide by burning charcoal briquettes after giving them sleeping pills.

まず、大見出しの
'Black widow' sentenced to death for murder in Japan
の’Black widow’はちょっと引っ掛かりがありますが、これは“クロゴケグモ”のこと。男たちを次々殺害した木嶋容疑者をクモに例え、イギリス人らしいシニカルなセンスが光っています。“Black widow”を解明したら
「クロゴケグモ(木嶋容疑者)は日本の殺人事件で死刑判決が下された」
とつながっていきます。

次の見出しの
A Japanese woman who murdered her three former lovers in 2009 has been sentenced to death.」
では、単語だけ見ていってもすぐに内容は理解できます。
“日本女性”、“殺した”、“彼女の3人の元カレ”、“2009年”、“宣告”、“死”……。これらをつなぎ合わせてつなぎ目をスムースにすると
「2009年に3人の元交際相手を殺害した日本女性に死刑判決が下った」
になるわけなんですね。

次は見出しではなく記事の書き始め部分ですが
She met the men on internet dating sites and poisoned them with carbon monoxide by burning charcoal briquettes after giving them sleeping pills.」
これも単語を見ていくと、“彼女”、“会った”、“男”、“インターネットデーティングサイト”、“ポイズンド”、“彼ら”……とあります。
そして“charcoal briquettes”は、“練炭”と察しがつくのではないでしょうか。“by burning charcoal briquettes”、これは“by”がついていて、“燃やす”の文字があるので前の単語とつなげて”練炭を燃やした”と簡単に訳せばいいでしょう。“carbon monoxide”は“一酸化炭素”という意味ですが、そんなものは無視しても意味は十分理解できます。
そして最後は……“彼らに与える”、“睡眠薬”……英文を分解するとこうなりますね。

では、それらを組み立てていきましょう。分解した自転車を組み立てる要領でいいのです。ひとつひとつ組み立てていきます。そうすると……
「彼女が出会い系サイトで出会った男性たちに睡眠薬を与えた後に、練炭で一酸化炭素中毒にした」
と、当たり前ですが日本で報道されている内容と一致するわけなのですね。

西洋料理をうまく作るのには結構手間ひまかけます。しかし、例えばグラタンを作るとしましょう。最初から作ると大変です。ホワイトソース作りから始めますが、これは慣れていないと失敗する可能性が高いです。では、どこかのメーカーのグラタンの箱入りを買えば、横着ではあるけれど失敗しない、それなりに美味しいグラタンが作れます。英語の勉強もそれを取り入れていけば、横道でなく、早道で、しかもそれが上達の王道なのです。


BBC News - http://www.bbc.co.uk/news/

[画像:frickr from YAHOO! http://www.flickr.com/photos/daleep/28824205/]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あおぞら」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?