『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング 』ゲームレビュー

写真拡大

あの大ヒット映画、『ロード・オブ・ザ・リング』を題材とした『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング 』がついに発売されました。このゲームは他のプレイヤーと協力して楽しむことができるCo-opプレイを搭載しており、爽快感あふれるアクションRPGです。アクションゲーム、RPGゲームや協力ゲームが好きな僕がXbox 360版を実際にプレイした感想をできるだけわかりやすくお伝えします。

まずプレイヤーは、人間・エルフ・ドワーフの3種族から自分が操作するキャラクターを選択し、この3種族からなる3人でパーティを組み冒険を繰り広げられるようになっています。それぞれのキャラクターによって、スキルや攻撃方法が異なり、それぞれの特徴を生かし協力することで目標をクリアしていきます。

冒険がはじまり、まず驚いたのはグラフィックの凄さです。字幕つきのムービーは原作、あるいは映画のファンタジー性を受け継いでおり、リアルに作られていました。そして冒険の肝となる敵との戦いは、TPS(サードパーソン・シューティングゲーム)の感覚でプレイでき、それぞれに近距離攻撃と遠距離攻撃が用意されていて、コンボを決めたり、複数の敵を一気に倒したりと、かなりアクション性の高い、爽快感あふれるバトルとなっています。

また、大鷲のベレラムを仲間に加えることができます。このベレラムは4人目の仲間として操ることができ、プレイヤーを先導したり、敵に攻撃したりしてくれるとても役立つ存在です。いわば、旅のガイド的存在といったところでしょうか。彼がいることによって旅に安心感を与えてくれることでしょう。

レベルを上げ、キャラクターを成長させたり、強い武器を装備して強くなったり、特殊能力を武器に付加させたり、強い敵に勝ったときに戦利品をもらったり、宝箱からレアアイテムを手に入れたり、冒険を進めるために仕掛けをとき、難題をクリアしたりと、RPG要素も充実しています。また、インターネットを使って世界中のプレイヤーと遊んだり、友人や恋人と仲良く互いに協力しながらプレイできるのも魅力的です。

『ロード・オブ・ザ・リング』のファンタジー的な要素に加えて、アクション性、RPG要素満載で、ネットでの協力プレイも可能なこのゲームは“指輪ファン”は当然のこと原作や映画を知らない人でも楽しめるゲームだと思いました。また、このゲームはXbox 360版の他にPlayStation 3版でもガチでマジで発売中です。

THE LORD OF THE RINGS: WAR IN THE NORTH software (C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Snowblind Studios, Inc.

(C) 2011 New Line Productions, Inc. All The Lord of the Rings content other than content from the New Line films (C) 2011 The Saul Zaentz Company ("SZC"). The Lord of the Rings: War in the North, The Lord of the Rings, and the names of the characters, events, items, and places therein are trademarks or registered trademarks of SZC under license to Warner
Bros. Interactive Entertainment. All rights reserved.

※本稿はりなりなさんにご寄稿いただきました。

(ゲームレビュアー:rinarina)