韓国のソウル江南(カンナム)警察署は11日、芸能プロダクション大手のオープンワールドエンターテイメントの代表(51)を、同社に所属する練習生などに性的暴行をした疑いで摘発した。現在は調査中であると明らかにした。韓国メディアが相次いで報じた。

 韓国メディアは、韓流関連の大規模なイベントを企画し、海外でも知名度が高いオープンワールドエンターテイメントの代表が、自身のプロダクションに所属する10代の練習生や新人女性芸能人ら5人に対して、性的暴行を加えた疑いで摘発されたと伝えた。

 警察は、被害にあった練習生5人を確保し、ほかの被害者がいるか調査を行っている。また容疑者は男性アイドルグループのメンバーに女性芸能人などに性的暴行するよう指示した疑いもあるという。

 前日の午後には、警察は容疑者の事務所を家宅捜索した。セクハラや性暴行が行われたとみられる5階と地下の振り付け演習室に、鑑識班員が出動して証拠採取に乗り出した。

 警察は容疑者をさらに調査し、一両日中に逮捕状を申請する方針。容疑者は現在、すべての容疑を否認しているという。(編集担当:李信恵・山口幸治)