TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.、2012-13秋冬の最新コレクション

写真拡大

 デザイナー宮下貴裕氏による「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.(タカヒロミヤシタザソロイスト.)」が発表した6シーズン目の2012年秋コレクション。"モノを知り尽くした大人のためのリラックスウエア"を軸としたもの創りへの姿勢はそのままに、新たに黒を基調としたウエアや、機能的なリバーシブルやドッキング技術で異素材を合わせたアウターなど新作が加わった。定番のパジャマシリーズやフォーマルシリーズは、芯地を一切省いて素材の伸縮性を活かしたり、ベース地にカバー地を叩き付ける手法を継続しつつ、フィット感と利便性、デザインを追求。保温性を考慮したウール・アンゴラツイルや、ニードルの空打ちによってユーズド感を出したスーパー120やplaid(プラッド)のシャツ地、部分的に施された鹿や馬の端革など、素材選びとディテールによってクラシックとワークの要素が融合している。

 レザーシューズは「AUTHENTIC SHOE&Co.(オーセンティックシュー)」の竹ヶ原敏之介氏、ハットは「Coeur(クール)」の木島隆幸氏、アクセサリーはジュエリーデザイナーCody Sanderson(コディ・サンダーソン)氏、 そして眼鏡は「OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)」と、今季もそれぞれの分野におけるベストパートナーを引き継いだ。スニーカーでは「UNDERCOVER(アンダーカバー)」のアーカイブを両ブランドのカラーに染めた2型が6〜7月に、グレー単色の「adidas(アディダス)」クラシックモデル4型が10月に登場する。

■TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst. Symphony #0006. >展示会レポート


TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.のコレクション画像を見る