『ジャンプ改』“正式”に新創刊! 「シャーマンキング」の新シリーズも開始

写真拡大 (全2枚)

 『週刊ヤングジャンプ』の増刊として昨年6月に誕生した『ジャンプ改(かい)』(集英社刊)が、4月10日発売の5月号をもって「月刊漫画誌」として“正式”に創刊する。
 さらに同日、『ジャンプ改』発のコミックスも発売。“新しい漫画誌”としていよいよ大空へと飛び立つ。

 今回“新創刊”される『ジャンプ改』はもともと、それまでの青年コミック誌作りを見直し、男性のみならず女性のコミックファンの心にも訴求する、マンガの面白さを追求した「純粋マンガ誌」を目指して2011年6月に誕生し、2012年春には定期刊行物として創刊することを目標としていた。あれから10カ月が経った今春、『ジャンプ改』発のコミックス刊行と同時に、ついに新創刊することになった。
 編集長の松田充生さんは、出版不況、マンガ不況といわれている中で、マンガ家も現場の編集者もチャレンジ精神は全く衰えていないとした上で、「皆様から『ジャンプっぽくない』けど面白い。そんな言葉が頂けたらサイコーです」とコメントしている。

 新創刊号となる5月号では、武井宏之さんの「シャーマンキングFLOWERS」が連載をスタート。1998年から2004年に『週刊少年ジャンプ』で連載、アニメ化もされた「シャーマンキング」の新シリーズにあたるもので、麻倉葉の息子・麻倉花が主人公となる。なお、武井さんは昨年11月から今年3月まで『ジャンプ改』で主要キャラクターの過去を描く「シャーマンキング0−zero−」を掲載していた。
 さらに、二ノ宮知子さんの「87CLOCKERS〈エイティセブン・クロッカーズ〉」 が待望の連載再開。同日発売される単行本第1巻は日本、韓国、台湾、香港(マカオ)の4カ国・地域で同時発売される。この世界同時発売は集英社としては初めての試みで、二ノ宮さんの作品はアジア圏で人気が高く、新刊を時差なくファンに届けることが狙いだ。

 また、新創刊記念として、『シャーマンキングFLOWERS』やねむようこさん『なんでも堂』の“幻の読み切り”、増田こうすけさんの『ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々』 過去10話分一挙掲載、さらに全連載漫画のあらすじが一気に読める、132ページの別冊冊子『ジャンプ改+』が特別付録として付いてくる。

 マンガを愛する読者たちと育てていける雑誌を作りたいという想いから作られた『ジャンプ改』。いよいよ、本格始動だ。
(新刊JP編集部)

■4月10日発売『ジャンプ改』コミックスラインナップ
「87CLOCKERS」(1)/二ノ宮知子
「予告犯」(1)/筒井哲也
「ウイナーズサークルへようこそ」(1)/甲斐谷忍
「お慕い申し上げます」(1)/朔ユキ蔵
「かの名はポンパドール」(1)/作:佐藤賢一、画:紅林直
「私は利休」(1)/作:早川光、画:連打一人
「ワンスアゲン!」(1)/作:鍋田吉郎、画:高遠るい


【関連記事】 元記事はこちら
アニメの製作費、どうやって回収するの?
アニメ『サザエさん』の意外なエピソード
電子コミック誌から単行本レーベルが誕生
双子の“生態”がわかるコミックエッセイ