“模造なめこ”に注意呼びかけ、なめこマスコットのニセモノ出回る。

写真拡大

ビーワークスは4月9日、世界中で累計600万ダウンロードを突破した人気アプリ「おさわり探偵 なめこ栽培キット」のグッズについて、現在、プライズゲームの景品を中心に出回っているニセモノ(模造なめこ)への注意を呼びかけている。

“なめこ”公式サイトに掲載された「『なめこマスコット』ニセモノ(模造品)にご注意ください」は、模造なめこと正規品の見分け方や、模造なめこの特長などを写真付きで詳しく解説する内容。違いは大きく3点あり、「正規品は織りネームあり/模造品はなし」「正規品は紙タグあり/模造品はなし」「正規品は綿が詰まっているため円形・縫製や刺繍の品質が高い/模造品は綿が詰まっておらず形がいびつ・縫製の品質が悪い」というポイントを挙げ、わかりやすい写真で違いを説明している。

また、過去に「なめこマスコット」がプライズゲームの景品になったのは「1月28日〜29日」「2月4日〜5日」「2月25日」の計5日間に行われたロケテストのみで、「2012年3月以降に流通している商品は4月9日現在で一切ございません」とのこと。正式な許諾を受けたプライズ景品は株式会社フリューより、4月10日から全国各地のアミューズメント施設に入荷される予定だ。

なお、こうした情報を公開するに至ったのは「模造品の情報を得て以来すでにこの製品をお手に取った方も大勢いらっしゃる中で、どのように事態をお伝えするべきかを検討してまいりました。そしてこれ以上の静観は我々にとってもユーザーの皆様にとっても不利益であるという認識のもと、公開に踏み切らせていただきました」と説明している。

「おさわり探偵 なめこ栽培キット」は、アドベンチャーゲーム「おさわり探偵小沢里奈」のスピンオフゲームとして誕生したなめこ育成ゲーム。iOSとAndroid向けに配信され、App Store/GooglePlayの無料ゲームランキングで1位を獲得、日本以外でも香港・台湾・マカオ・タイ・シンガポールで人気を博している。