世紀の対決!? しゃべり代表やまだひさしVSゲーム実況生代表せんとす 月曜ニコラジ★『Road to 超会議 やってみた!』

写真拡大

4月2日放送『月曜ニコラジ★『Road to 超会議 やってみた!』』にガジェット通信のゲームレビュー記事でもおなじみの有名ゲーム実況プレイヤーせんとすさんが出演し、MCのやまだひさしさんらと“ゲーム実況”をテーマに楽しいトークを繰り広げました。

『月曜ニコラジ★『Road to 超会議 やってみた!』』は、いよいよ今月28日、29日に開催される『ニコニコ超会議』に向けて放送されている番組。今回は初めて”ゲーム実況”がテーマとなりました。メンバーはMCやまだひさしさん、アシスタント百花繚乱さん、アシスタントせらみかるさん。そしてゲストはゲーム実況プレイヤーせんとすさん、運営の運営参号さんです。

はじめに“ゲーム実況”とはなんたるかを運営参号さんと、せんとすさんが説明してくれました。

〜“ゲーム実況”とは〜
プレイヤーがトーク(字幕含む)をしながらゲームをプレイする動画および生放送
・動画……編集により、ゲーム本編以外の演出ができる
・生放送……ゲームは視聴者への、リアクションが重要

ジャンル
・攻略……通常プレイ、縛り(制限付き)プレイ
・記録……タイムアタック、スコアアタック
・対戦……格闘ゲーム、オンラインゲーム全般
・企画……ゲームを題材に、付加価値をつけたもの(映像編集、ゆっくり実況、フルボイス、ドキュメンタリーなど)

せんとすさんは“対戦”の格闘ゲームの動画を未編集でUPするゲーム実況プレイヤーさん。オンラインゲームにおいて“対戦”は、ネット上の相手と敵として戦うだけでなく、協力プレイができるのも魅力的。自分が実況プレイヤーさんと協力していて、自分とのプレイを実況してもらえていたらうれしくなっちゃいますね。個人的にはゲームのキャラクターになりきってアフレコをする“企画”ゲーム実況をやってみたいなぁと思いました。ゲームをしながらしゃべりにも気を配るゲーム実況って初心者には難しそうですけど、「車の運転と一緒で毎日やっていればできるようになる、かなぁ」ってせんとすさんがおっしゃっていたからいつかやってみたいです。

さて、ここまでゲーム実況の楽しさについて語られてきたら、ぜひとも見てみたいですよね。でも『ニコラジ』の特集でゲーム実況をやるにはなかなかハードルが高いのです。“実際にプレイしている画面をそのまま出す”というのは相当難しい。特にRPGなどストーリーがあるものは、ネタバレになりますからメーカーさんとしては痛いですよね。しかし、最近ではゲーム実況というものが、徐々にメーカーさんたちに理解されてきています。『ニコニコ超会議』がこうした流れのいいきっかけになるようにしたい、と運営参号さん。“ゲームが好きでゲームの良さをみんなに伝えたい”という実況プレイヤーさんとメーカーさんとの壁を壊し、どんどんつなげていけたらよいですね。というわけで『ニコニコ超会議』のゲーム実況ブースで使われるゲームはすべてメーカーさんの許諾がとれているそうです。

これはいよいよゲーム実況を見てみたい! と盛りあがるスタジオ。ここにゲームがあれば……となったところで、なんとせんとすさんのお手元にアーケードスティックを発見。なんたる偶然(笑)。せんとすさんによるXbox360バージョン『SUPER STREET FIGHTER IV ARCADE EDITION』のゲーム実況がニコラジで実現! という運びになりました。

アーケードスティック

『Xbox LIVE』で相手を探し、総勢39人のキャラクターからランダムで選ぶせんとすさん。「使えないキャラクターがきたら厳しい」と言っているそばからいちばん使えないキャラクターがくるというおいしいシチュエーションからのスタート。せんとすさんはオニ、対戦相手はアデル。ストリートファイトにふさわしく(?)わけのわからないところ(工場っぽい)で戦いは始まります。使えないキャラであるうえに、コントローラーの設定を間違えたそうで、一回戦目は大苦戦にしてフルボッコ。けれど二回戦目は魅せてくれました。「たすけてーーー」と叫びだし、一時は再びフルボッコとなるのかと思いきや、途中からものすごい粘りで逆転なるか!? というところまで追い上げました。結局せんとすさんは負けてしまい、本人曰く「狼狽してしゃべれなかった」そうですが、見ている人も興奮してしまうような楽しい雰囲気が伝わってきました。

けれどもこのままでは終わらない『月曜ニコラジ』。繚乱さんは「せんとすさんと戦いたいなー。ねーやまださん」と振ると、やまださんはおもむろにXboxのコントローラーを取り出し――。しゃべりのやまだひさしVSゲーム実況プレイヤーせんとすのゲーム実況対決の始まりです。

Xbox初体験、昔を思い出しながらプレイするやまださんに対し、汚名を晴らすためにも次は負けられないせんとすさん。舞台はアフリカ。キリンさんやカバさんが見守るなか、やまださんは波動拳を使えるリュウ、せんとすさんはランダムで選択されたゲンでの戦いでした。あたふたしながらも波動拳を繰り出すやまださん、容赦なく攻撃していくせんとすさん、迫りくるカバさん。やまださん、あえなくK.O。でもやまださんの率直な反応がとても面白い実況でした。

実況ステージ図面

4月28日、29日の『ニコニコ超会議』では『実況ステージ』『体験ブース』『超クリエータズサミット』の3種類のゲーム実況コンテンツがあります。『実況ステージ』はゲームをモニターに映しながら、せんとすさんをはじめとした人気実況主さんによるゲーム実況が行われるコンテンツ。ポロリ情報によると、実況ゲームの一部に『ロックマン2』『魔界村』が含まれるそうです。『体験ブース』はマイクとカメラがセットされているゲームスペースで、ゲーム実況を自ら体験できるコンテンツ。「タイムアタックをしろ」などというルールが設けられており、そこいい成績を残したり、印象に残るプレイをするといいことがあるかも。待ち時間はみんなですれ違い通信が楽しめるはずです。『超クリエータズサミット』は多くのゲーム実況主さんが集まって、“ゲーム実況”と“マインクラフト”の二つのテーマで意見交換行うコンテンツ。制作の裏話や『超クリエーターズサミット』だけの動画が披露されます。

『ニコニコ超会議』のゲーム実況コンテンツに、わくわくが止まらなくなりそうですね!

月曜ニコラジ★超会議「ゲーム​実況」特集!せんとすVSやま​だひさし
http://live.nicovideo.jp/watch/lv80605879