コーチがリバース・プロジェクトとコラボ 廃材から家具やアート制作

写真拡大

 コーチ・ジャパンが、伊勢谷友介氏発案の「REBIRTH PROJECT(リバース・プロジェクト)」とのコラボレーション「COACH PARTNERS WITH REBIRTH PROJECT FOR 2012(コーチ プレゼンツ ウィズ リバース プロジェクト フォア 2012)」の実施を発表した。「COACH」ニューヨーク本社のワークショップ(工房)に眠る廃材や未使用の素材を、アート作品や家具にリサイクル。作品は、東日本大震災で被災した東北地方の復興支援に役立てられる。 コーチがリバースプロジェクトとコラボの画像を拡大

 「COACH PARTNERS WITH REBIRTH PROJECT FOR 2012」は、サスティナビリティと社会において責任ある行動をとるという企業精神に基づき、「COACH」と「REBIRTH PROJECT」が実施するエクスクルーシブなコラボレーション。「COACH」の工房から出る廃材や未使用のレザー、ハードウェアを再利用し、アーティスト藤元明氏によって「トーラス ノット」と名付られたオブジェやレザースツール、ベンチを制作する。「トーラス ノット」の幾何学的な結び目円構造をサスティナビリティの象徴とし、7つのパーツを同じ形で構成。それらを「COACH」のアイコニックなターンロックとブラスチューブで繋ぐ。制作されたオブジェや家具は一般公開を予定。表参道ヒルズ大階段を会場に、5月16日から5月19日までの4日間、「COACH × REBIRTH PROJECT - reimagine. reinvent. renew.(コーチ×リバース プロジェクト-リマジン リインベン トレニュー)」の開催が予定されている。なお、作品は東北の復興支援に役立てるため、寄贈先の募集が予定されている。 2009年に設立した「REBIRTH PROJECT」は、「人類が未来の地球に生き残るためのプロジェクト」という伊勢谷友介の発案に基づいて2009年に始動。これまでも建築廃材を再利用した家具やアート作品の製作、デッドストックに新たなデザインを施したリメイク・デニムなど、企業との連携企画を実施してきた。衣食住をはじめ、多岐にわたる分野で現代社会の問題に、独自のアプローチで取り組んでいる。■COACH × REBIRTH PROJECT – reimagine. reinvent. renew.  場所: 表参道ヒルズ 大階段 期間: 2012 年5月16日(水)〜5月19日(土) http://japan.coach.com/cji/rebirth/