初公開ユナイテッドアローズの家 プラウドと共同提案

写真拡大

 野村不動産とユナイテッドアローズが共同提案する住空間「PROUD with UNITED ARROWS(プラウド ウィズ ユナイテッドアローズ)」のモデルルームが、初公開された。コラボレーション第一弾の「プラウドタワー東雲キャナルコート」では、ユナイテッドアローズのクリエイティブ・ディレクター鴨志田康人氏がインテリアオプションを監修。4月14日よりショールームがオープンする。 ユナイテッドアローズの住空間公開の画像を拡大

 ユナイテッドアローズの新たなライセンス事業として、野村不動産により2011年にスタートしたプロジェクト「PROUD with UNITED ARROWS」のコンセプトは、"着心地のいい家"。両社が目指す理想が具現化され、「自分を表現する」「風合いを楽しむ」「五感を喜ばせる」の3つの要素をベースに、住まいの中の自分らしさと新しいライフスタイルを提案する。 初公開された第一弾「プラウドタワー東雲キャナルコート」のショールームは、豊洲駅近くの「プラウドタワー東雲キャナルコート」マンションミュージアム内に設置。住空間を、店頭での陳列や収納方法、VMDと同様に捉え、「収納=隠す」のではなく「ディスプレイする」という発想に基づいたインテリアオプションが公開された。見せる廊下収納や、靴を磨くためのライティング・ビューロー(照明)付きのシューズクローゼット、そしてウォークインクローゼットではアイテムの特性に合った収納スタイルを提案。ユナイテッドアローズのショップで培われたノウハウやアイディアが注入された。同素材でつながれた壁と天井、色味をおさえたカラーリング、吟味されたインテリアなど、ストレスフリーで洗練された住空間となっている。■PROUD with UNITED ARROWS プラウドタワー東雲キャナルコート 住所:東京都江東区東雲1-1-23 http://www.proud-with-unitedarrows.jp