ガラスの天井って知ってます? 日本では、女性雇用に積極的な企業で女性にいくら能力があっても、見えない天井にぶつかって、出世コースを外れるようにうまく設計されているんです。キャリアの女性の間では共通の認識だと思ってます。

メーカー勤務の北島さん(仮名以下同、43歳)はバッサリ切り捨てる。1986年施行の男女雇用機会均等法によって男性と対等に働いてキャリアを積み重ねていける時代が始まった……はずなのだが、どうも現実はそううまくは運んでいない。

ある大手企業では、女性総合職採用第1期生である40代半ばはすでに全滅、かろうじて第3期、4期以降からがごく少数残留しているのみだという。

一体どこで女たちは道を踏み誤ったのだろう。食品会社に勤める速水さん(51歳)は、こう分析する。

速水 結局、キャリア女性にはロールモデルがいないんですよ。順調に出世しつつ、結婚して子どもも産んで幸せな結婚生活も営んで。そんな幸福を絵に描いたような人生を地でいく人なんて見たことありません。たまに仕事と家庭を両立させている人がいても、出世しているのかというと、微妙なところ。

かわいらしい雰囲気ながらも独身の速水さんは、家庭を持つことを諦め、キャリアを築こうとしているが、それもうまくいかないという。

ならば、せめて外資系企業なら救いがあるのではと、世界中に支社を持つ企業に勤務するキャリアウーマン青木さん(35歳)に水を向けてみたが、意外な答えが返ってきてしまった。

青木 開放的に見える外資でも仮面の下をのぞくと男女差別は結構あります。出世できる女性は実際は少ない。さらに結果を厳しく要求されるので、自宅に仕事を持ちこみ、家事がおろそかになって家庭崩壊した同僚、部下も少なくありません。

日本のみならず外資でもとはがっかりだ……。広告会社に勤める姫川さん(39歳)は女性が出世できない理由をこう見ている。

姫川 現実問題として、30過ぎると女は体力がガタッと落ちます。それまでどおり、男性と肩を並べて突っ走ることはできなくなる。はっきりいって入社時の男女の能力差なんてありません。むしろ女子のほうがコミュニケーション能力も高く仕事ができる子も多い。それなのに女が転職、結婚、出産でモタモタ足踏みしているうちに、男がサーッと追い越していく。

厚生労働省発表の「平成20年版 働く女性の実情」によると、大学・大学院卒の女性のうち44.2%が、出産・育児のために労働市場から退出し、その後も復帰が不可能な状況にある。特に高学歴女性ほど結婚、出産後のキャリアアップを望んでいるものの、挫折しているケースが目立つ。

それでもあえて女性が働き続け、その先に出世を望むとすればどうしたらいいのか。その抜け穴を探るべく、座談会は進んでいった――。

北島 わが社で女が出世する唯一の方法は、会社の広告塔になること。私の働く保守的な組織でも、今は女性管理職を増やしたがっている。というより、そう社会にアピールしたい。「わが社はこんなにも女性の社会進出を助けていますよ」と。事実そのレールに乗って成功した人もいます。彼女は「会社が求める『キャリアと家庭を両立する幸せな女性』を演じる。あとは何の成果も出さなくても広報部長よ」と笑っていました。もっとも、実際に後続する人がどれだけいるかは疑問ですけど。企業が本気で女性を引き上げるはずなんてないですから。

以前、26人いる部下が全員男性、しかも私の父親世代だったことがあるんです。でも誰も役職名では呼んでくれず、呼びかけは「ねえちゃん」。キッと睨み返したら「おぉ、怖(こ)ぇ」って。男の上に女が立つなんてこと、決して望まれてはいないんですよね。

速水 その意味では、あえて女らしさを捨てないことがポイントかも。「私は男なんかに負けないくらい仕事ができるのよ!」って鼻息荒くしている女に限って、周囲から煙たがられて消えていく。ほどよく女らしさを漂わせつつ、男性上司とも屈託なくゴルフにも行ける女が、結局彼らと仲良くなって出世していっている。

青木 そういえば、かつて私が憧れていた女性上司は、キャリアと家庭を両立させていた、当時その職場で唯一の女性。でも後日、彼女は社長の愛人だという噂が流れてきたんですよ。「やっぱりかぁ」と思いましたね。

姫川 トップの愛人になるくらいでないと女は出世できない?

青木 というか、「ああ、どんなに仕事ができても、女だとこういわれる運命なんだな」と。事の真相は誰も知りませんから。

北島 男だったら実力といわれ、女だったら愛人といわれ……。

青木 そう。でも、それに対して拒絶反応を示したらこっちの負け。笑ってかわすくらいの余裕がないと。

速水 大切なのは、男に「こいつは敵」と見なされないこと。

北島 それでいくと、カツマー(経済評論家・勝間和代さんの信奉者)ってどう思います? 最近、どの職場にも増殖中ですが。

姫川 私は勝間さんにはなれないけれど勝間さんから学ぶべきことは多い。結婚も子どもも仕事も持ち、離婚もしてる。人生の経験値高いし認知度もすごい。

青木 でも、一般人が彼女を目指すのはリスクが高いかなぁ。

北島 「断る力」が女性キャリアに本当に必要なのかしら。だって会社の歯車たるべき人間がそれをやったら終わりでしょう。仕事できないのにカツマーはプライドが高すぎる。

速水 確かに面倒かも。困っているから頼んでいるのに「断る力」発揮されたら(笑)。

青木 たまにいますよね、目立つ仕事だけやりたがって書類整理みたいな地味な作業は「私の仕事じゃありません」ていう人。うちのカツマーは、メールの宛先に自分がTOで入ってないと無視する。

速水 CCじゃ嫌なんだ(笑)。

北島 「私、頼まれてませんよね?」とか平然という(笑)。

青木 逆に私が怖いのは女子トイレ。あそこは女の恨みつらみの巣窟ですから。特に派遣の子たちの豹変っぷりが半端じゃない。オフィスでは笑顔なのに、トイレに集まった瞬間、「あのハゲオヤジ、コロス」とか普通にいっている。面接のときはあんなにかわいかったのに……。自分のことをいわれているときはジッと個室で固まっています。

北島 私が一番困るのは、気分を害すと心のシャッターを下ろす人。しかも鍵までかけて二度と開けてくれない。

姫川 一回の失敗をいつまでも覚えていてネチネチいい続けるのも女。7年前の些細なミスを昨日のことのように話し始める。

速水 女は敵に回すと、男より厄介な場合もある。運が悪いと、こちらの悪口も吹聴されるし。

姫川 関係ないけど服装にうるさいのも女ですよね。昔の話になりますが、私が入社したときは下着の色まで指示されたものです。

北島 でも、うちは今だって、もしレギンスなんて穿いてくる子いたら射殺ですよ、射殺。

※すべて雑誌掲載当時