タイトーは2012年4月中旬から、くじを引くともれなく『スター・ウォーズ』関連のキャラクター賞品が当たる「タイトーくじ本舗『スター・ウォーズ』」をローソン、TSUTAYAの一部店舗、ホビーショップほかにて発売する。

価格はくじ1回につき、600円。

『スター・ウォーズ』は、1977年初公開からこれまで劇場公開作品が6エピソード製作されている一大スペースオペラで、幅広い世代に今もなお、絶大な人気がある映画シリーズ。

2012年3月16日からは、シリーズ初となる3D映画『STAR WARS エピソード1/ファントム・メナス 3D』が全国約600館の映画館で公開され、再び注目を集めている。

なお、「タイトーくじ本舗『スター・ウォーズ』」では、賞品の半数を占めるフィギュアの原型製作にコトブキヤを起用。

A賞のダース・ベイダー、B賞のC-3PO、D賞のヨーダ、E賞のR2-D2は同スケールとなっており、揃えて並べると『スター・ウォーズ』の世界観を再現可能。

さらに今回の発売にあたり、ダース・ベイダーやストームトルーパーが登場するWeb CMをオリジナルに製作。

発売前にタイトーくじ本舗WEB、YouTube、ニコニコ動画などで公開している。

また、くじ取り扱い店のひとつ、TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の一部店舗では賞品展示スペースを設置し、実際にその目で確認することが可能。

加えて、くじ発売を記念して、ダース・ベイダー、ストームトルーパーらを招聘した記念イベントが、4月14日(土)にTSUTAYA大崎駅前店にて開催予定となっている。