新しい環境で無理せず人間関係を築くための3つのコツ

写真拡大

新生活がはじまり、学校や職場で新しい人間関係に頑張っている人も多いことと思います。今日は、転校や職場異動が多かった経験を生かし、無理せず人間環境を築くコツを3点紹介します。

1.挨拶や返事はしっかりと

新しい環境では、誰もがあなたのことをよく知りません。だからこそ、一つ一つの受け答えが大切です。
「おはようございます」や「ありがとうございます」「よろしくお願いします」といった、毎日毎日行う何気ない挨拶をいい加減にしないようにしましょう。挨拶や返事をきちんとすることは、自分のプロフィールを長々と話すよりずっと好印象を持たれます。

2.無理は続かない
“大学デビュー”や“社会人デビュー”の場面でありがちなのが、過剰なキャラ作り。「今までの自分とは違うんだ!」と意気込みすぎ、やたらと明るく振る舞ってみたり、妙に積極的になってみたり。それ自体は悪いことではありませんが、“無理は続かない”ことを自覚しておきたいものです。

新しい生活は始まったばかりです。「もっと明るくなりたい!」「多くの友だちが欲しい!」という希望も、ゆっくりかなえていけばいいのです。
あまりにハイテンションでスタートすると、そのうちに自分で作ったキャラに疲れ、5月病になってしまうかもしれません……。

3.完璧を意識しすぎない

これから毎日、顔を合わせることになる仲間、友だち、先輩、上司。お互いの関わりが深くなるにつれ、良いところも、悪いところも、次第にわかってしまうのが現実です。ウソはバレますし、無理は続きません。
人と人とのお付き合い、完璧でないのは当たり前。思い描いた理想どおりの関係になることなど、基本的にはありません。そう思って力を抜き、ちょっと疲れたり、嫌なことがあっても「まあ、しょうがないかな」くらいに考えておくと楽ですよ。

今は新しい新生活。でも、今後はこの環境が“当たり前”になるのだ、ということを意識して、リラックスして頑張ってみて下さいね!

画像:flickr from YAHOO
http://www.flickr.com/photos/wilsonmcluhan/6828160067/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「相澤マイコ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?