放送開始から1カ月を迎えるTUFシーズン15、明日7日(金・同)にサバイバルトーナメント準々決勝に挑むマイケル・ヒエサとジェレミー・ラーセンのコメントが届いた。イリミネーションナイトではジョナヴァン・ヴィスタンテをリアネイキドチョークで下したヒエサと、ジェフ・スミスと一進一退の攻防を制したラーセンのコメント。両者の意気込みは以下の通りだ。

■マイケル・ヒエサ
「最初に準々決勝で素晴らしい戦いをやってのけたアル・イアキンタとマイルス・ジュリーを称えたい。チーム・フェイバーがイニシアチブを握ることができて感謝している。それは俺がやるべきことをする、ここに来てしっかりと戦えることを意味している。トレーニング環境は素晴らしい。コンディションは全く問題ない。めちゃくちゃ暴れるために、素晴らしいファイターたちが僕を盛り上げてくれるので、最高のシェイプだ」

■ジェレミー・ラーセン
「ファンタスティックだ。もの凄く興奮している。ドミニクには、次は是非とも戦いたいと伝えていたんだ。フィニッシュするのが好きなファイターもいるけど、僕はどちらかといえば3R、思い切り戦い抜く方が好きなんだ。とにかく、アッと思わせる動きをするよ」
元記事はコチラ