猛暑対応のコナカ最上級スーツ発売 南アフリカ天然モヘア使用

写真拡大

 コナカが、世界の繊維生産量のわずか0.05%という稀少な天然高級素材モヘヤ(アンゴラヤギの毛)を使用したスーツ「COLD SUIT/サウスモヘヤ」を、4月7日に発売する。軽く涼感に優れたモヘヤとカシミア、メリノウールを混紡した贅沢な素材を使用。クールビズ対応の最上級ランクのスーツと位置づけ、2012年春夏シーズンで6億円の売り上げを目指す。価格は上下セットで61,950円(税込)。 コナカからクールビズ対応の最高級スーツの画像を拡大

 "繊維のダイヤモンド"と称されるモヘヤは、優れた光沢性や発色性、急速な吸湿性能を持つ素材。モヘヤの特長に注目したコナカは、南アフリカ共和国大使館の全面的な支援・協力のもと、モヘヤを使用した製品の普及を目指すプロジェクト「サウスモヘヤプロジェクト」を2008年に発足。南アフリカ共和国で技術や牧場の管理を担う機関「モヘヤサウスアフリカ」と共に、製品開発を行ってきた。 「サウスモヘヤプロジェクト」の一環として誕生した「COLD SUIT/サウスモヘヤ」は、コナカの考案する機能性スーツ「COLD SUIT(コールドスーツ)」の新商品。太陽光にさらされたとき、大きな表面温度上昇を起こしやすいという濃い色のスーツの特性を考慮し、赤外線反射率を60%以上まで高めた特殊な濃色生地を使用することで、熱源となる赤外線を反射。スーツ表面の温度上昇を抑制し、衣服内温度の上昇防止や、衣類を透過する紫外線UVを効果的にカットすることができる。全国のコナカ・フタタで展開する。 2012年春夏シーズンのスーツ展開について、コナカの広報担当者は、「2011年、大きくファッション傾向が変化し、カジュアル化や冷感機能、吸汗速乾機能などの機能性が注目された。今期は前年以上にビジネス着として着用できるカジュアルテイストの商品群や、機能性をさらに高めた商品を拡充していく。」とコメントしている。■コナカ URL:http://www.konaka.co.jp/