テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


お疲れ様です。こちらポータルサイト「livedoor」を取りまとめております弊社出澤のブログでございますが、出澤の執筆ペースが芳しくないので、本日も社員のスエヒロが代打で「会社」や「サラリーマン」について書かせて頂きたいと思います。ヨーソロー!

始末書

という言葉を聞くとドキッとしてしまいますよね。我々サラリーマンが恐れるこの「始末書」という言葉。大人というものは手順を踏んできっちり怒られるので大変です。

始末書といえばかつては手書きが多かったかと思いますが、最近ではテキストファイルやメール、ワード形式などで書かれた始末書もあったりしますよね。0と1の繰り返しによって表現される謝罪の意。未来ですよね。

さて。そんなデジタル始末書で気を付けなければならいのがフォントや装飾。PCソフトなどでは簡単な操作で文書のフォントや文字装飾を変更できたりするので、何気なく変えてしまうと文書のイメージがガラっと変わってしまいますよね。


021

例えばこれはベーシックな「始末書」ですね。ストレートに謝っている感じが出ているフォントです。平均的な始末書と言えるでしょう。ここから、ちょっとフォントを変えてみると、



006

先程より少しだけ柔らかい印象になった気がしますね。「申し訳ございません」というよりも「ゴメンナサイ」という雰囲気にシフトしてきていますね。終始テヘペロ的な柔らかいタッチの始末書になりそうです。


このようにフォントや装飾一つでイメージが結構変わりますよね。ということで本日は、色々なパターンの始末書の文字見本を用意してみました。皆様が始末書を出される際には、その謝罪シーンにあったフォントや装飾をチョイスして頂ければと思います。それではどうぞ。




色々なパターンの「始末書の文字見本」




004

005

012

013

002

015

016

001

019

020

018

011

017

010



009

014


下の方はキャプション付きですね。


NHN Japan 株式会社ではポップなスタッフを募集しております。
NHN Japan Corporation | 採用情報
以上、宜しくお願い致します。

以上、宜しくお願い致します。


続きを読む

この記事の元ブログ: 謝罪シーンにあった始末書を書く見本


最新の人気記事はコチラ
「コボちゃん」をノベライズするこのエントリーを含むはてなブックマーク
モビルスーツのカスタマーレビューを書くこのエントリーを含むはてなブックマーク
どん引きされるホワイトデーのお返しを作ってみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
今日から使える!鉄道会話術このエントリーを含むはてなブックマーク
履歴書に書く「ほどよい特技」このエントリーを含むはてなブックマーク
「笑っていいとも」をノベライズするこのエントリーを含むはてなブックマーク
ベイスターズでベストセラーこのエントリーを含むはてなブックマーク