40代になって17歳年下の彼氏に振られ「悔しいからウエディングドレスを着て乗り込む!」という男性

写真拡大




今回のお話はビックリ仰天な内容。40代前半の人物が17歳年下の彼氏に振られ、彼の結婚式にウエディングドレス姿で乗り込んで復讐したいというもの。しかしその40代の人物は男性だったというから驚き。

いわゆる同性愛だったのだ。40代前半の男性と17歳年下の男性は同性愛関係にあったが、彼氏は女性のことも好きで突然ある日「彼女ができそう。もう遊べない」と告げたのだという。今までの関係が急に終わり、裏切られた気持ちになった40代の男性は「彼の結婚式にウエディングドレスを着て乗り込む」「復讐を考えたり」「訴訟を検討したりする毎日」と述べている。40代男性の相手の年齢は17歳年下と書かれているが、23歳から27歳と推測できるだろう。

この手に相談は『発言小町』に多いが、今回は読売新聞に掲載されている(発言小町も読売新聞のサービス)。普段は「ネタだ」と言われているが、これが本当なら大変なことになりそうだ。仮に40代男性が結婚式に乗り込んだ場合は、17歳年下の彼の過去がバレて大変なことになりそうだが……。

同性愛 17歳下の彼に裏切られ(読売オンライン)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。