アメリカのソフト・プレッツェル専門店「Wetzel's Pretzels(ウェッツェル・プレッツェル) 」が4月5日、国内1号店を東京・アリオ亀有にオープンした。10時の開店を前に100名以上が行列し、本場のバターと塩を使用した多彩なプレッツェルを目当てに2袋、3袋とまとめて購入していく人が続出。今後5年間で、国内100店舗の出店を目指すという。 アメリカ生まれプレッツェル専門店が初上陸の画像を拡大

 「Wetzel's Pretzels」は、1994年に南カリフォルニアのサーフィンの街Redondo Beach(レドンドビーチ)に初出店。外側の輪の部分は"表面がサクッ&中身はモチッ"、生地が交差する真ん中の部分は"もちもちっ"とした食感が特徴のソフト・プレッツェルを販売し、アメリカを中心に人気を得てきた。現在は、アメリカ国内30州で200ヵ所以上、海外5ヶ国で店舗を展開しており、海外出店に力を入れている。国内ではフークル株式会社が展開する。 「Wetzel's Pretzels アリオ亀有店」は、店舗面積が13.67坪。プレーンタイプの「オリジナルプレッツェル」(220円)をはじめ、ローストしたアーモンドクランチの香ばしさが人気の「アーモンドクランチ」(250円)、チーズとペパロニをピザ風にトッピングした「ペパロニチーズ」(320円)など、全6種のプレッツェルを焼きたてで提供する。フークル株式会社の代表取締役 河崎孝文氏は、「出店まで約1年間、本場の味を再現するためにアメリカと日本を行き来して研究・開発を重ねてきた。もちもち、さくさく、また食べたい、と思って頂けるようなプレッツェルに仕上がっています。」と、今後の展開に自信を見せている。 アリオ亀有では、2012年春に向けてショップのリニューアルや新規オープンを行っている。4月20日には、売場面積約2000?の「H&M(エイチ&エム)」や、クロスカンパニーの新業態「SEVENDAYS=SUNDAY(セブンデイズサンデイ)」をオープン。両店とも、4月19日に開業する東京・お台場の複合施設「ダイバーシティ東京」に続く出店となる。■Wetzel’s Pretzels アリオ亀有店 所在地:〒125-0061 葛飾区亀有3丁目49番3号1階 営業時間:10:00〜22:00  定休日:なし 店舗面積:13.67 坪 問い合わせ:フークル株式会社(TEL:03-5204-2880) URL:http://www.wetzels.jp/