クリエーションバウマンジャパン(株)では、「2012クリエーションバウマンライン」春の新作として、メインの「HOSPITALITY COLLECTION」に6つの新作を追加したほか、10アイテムの未来的なハイテク生地コレクション「NEW CYBER ?」、素材・加工・染色の試行を重ねた窓辺を飾る3つの芸術品のような「EXTRAVAGANZA」、ドレープとレースが同じ柄で揃う3つのシリーズ「DESIGN」を発表、4月4日の販売開始を機に、東京・大阪・名古屋の同社ショールームでプレゼンテーションを開催している。

今季の主なアイテムとしては、「HOSPITALITY COLLECTION」の「GALA」がある。大きな網目模様が特徴。モダンでありながら、エレガントで女性的な雰囲気なのは、花びらの輪郭を描いたから。また「SELVA」は、フリーハンドで描いた花や葉のデザインを転写し、ジャカードで織り上げたもの。いずれも防炎ジャカードで、リバーシブルとなっている。「EXTRAVAGANZA」では、まるでフェルトペンで描いたような横ストライプが特徴の「ECOLOR」。メタル糸を使った生地は、触るとシワが立体的に残り、彫刻的な美しさがある。「EVITA」は、ハニカム形の薄いフィルム箔が、スパンコールのようにきらめく窓辺のオートクチュール。「ETERNA」は、もともと一枚の不織布にグリッドで刺繍を施し、刺繍糸ぎりぎりのところをカットすることで、糸だけでつながるリボンテープに見える。「DESIGN」シリーズは、油彩タッチの「ZINA S」「ZINA U」、バスタブに浮かんだ花びらのような、カラフルな色合いの重なりがエレガントな「VIENT S」「VIENT U」、夏の終わり、秋の終わりのイメージを抽象的に描いた「COLLINA S」「COLLINA U」の3タイプがある。
機能商品では、遮熱バーチカルブラインド「RIFLECT N PLUS」が新発売された。白・グレー・ベージュの3色展開。熱を96.7%、UVを99.5%以上カットする。このほか、高い吸音効果がある「SONIC」や遮光カーテン「DIMER」なども改めて紹介された。

なおクリエーションバウマン春の新作コレクション発表会は、東京会場が4月6日(金)まで。大阪は4月11-13日、名古屋が4月18-20日の開催が予定されている。