2013年に開かれる「ユネスコ世界記録遺産国際諮問委員会」 開催地は韓国? どこなの?

写真拡大

青森の『ねぶた祭り』に似た韓国の『燃灯会』がユネスコ(国連教育科学文化機関)に登録されそうだと、インターネット上で騒動になっているが、今回はこれとはちょっと別に、世界記録遺産国際諮問委員会(IAC)についてお伝えしたいと思う。

韓国の文化財庁は3月、「キムチ文化とキムチ」「燃灯会」を人類無形遺産に、「乱中日記」「セマウル運動記録物」を世界記録遺産に申請すると発表した。この中の韓国が「乱中日記」などを申請した世界記録遺産は、ユネスコが主催する三大遺産事業のひとつで、世界の歴史的記録物を1997年から2年毎に開催されるIACで審査し登録している。

これまでIACは世界の各都市で開催されており、ウズベキスタン・タシケント(97年)、韓国・慶州(01年)、ポーランド・グダニスク(03年)中国・麗江(05年)、英国・マンチェスター(2011年)などで開かれた。(余談だが2011年には日本の炭鉱記録画家・山本作兵衛が描き残した筑豊の炭鉱画697点が登録された)

気になるのは次の開催地。すると、韓国メディアは文化財庁の発表について報じた記事の中で、次のように伝えていた。

「世界記録遺産に最終登録されるかどうかは、来年6月に韓国で開催される世界記録遺産国際諮問委員会で決定され、無形文化遺産の登録は来年11月に開かれる第8回無形遺産委員会(開催地未定)で決まる。」(中央日報より引用)

ということは次の開催地は韓国? 中央日報以外にもYTNなど多くのメディアがこれを伝えており、情報は確かなような気がする。だが、ユネスコのHPを確認してみてもそのような記述は見当たらない。正式に韓国開催が決定しているのか疑問に思い、日本ユネスコ国内委員会事務局(文部科学省内)に問い合わせてみることにした。
「次回の開催地についてはユネスコのHPに記載されていないので、今のところ分かりません」

いつ開催地が決定するのか聞いてみたが、それも不明だという。ということは、日本側がまだ情報を得ていないだけなのだろうか。それとも韓国メディアが間違って報じてしまったのだろうか。

韓国メディアが報じたIAC関係の記事を再度調べてみたところ、次のような記事を発見した。「ジャン・ビョンワン『世界記録遺産国際諮問委員会、光州に誘致する』」(マネートゥデイ3月25日付)。ジャン・ビョンワンは、韓国・光州南区から選出された民主統合党の議員だ。記事によると、ジャン氏は「4月末に開催都市が決定する2013年世界記録遺産国際諮問委員会の光州誘致に積極的に乗り出した」そうで、3月15日に誘致計画書を文化財庁に提出したのだという。ということは、やっぱり開催地は決まっていないんじゃん!

近年韓国はユネスコの登録に積極的に乗り出しているため、韓国メディアが「来年6月に韓国で開催される世界記録遺産国際諮問委員会で決定され…」と報じた時には、何か裏があるのではないかと勘ぐってしまった。マネートゥデイの報道が確かなら、IACの開催地は4月末に決定されるようだ。果たして韓国メディアが報じた通り、韓国開催となるのだろうか? 新しい情報が入り次第、またお伝えしたい。

画像:Memory of the World | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/マネートゥデイより引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。