ユニクロ、春夏用インナーを世界共通ブランド「エアリズム」に統一

写真拡大

 ユニクロが4月4日、春夏の機能性インナー「サラファイン」と「シルキードライ」を、世界共通ブランド「AIRism(エアリズム)」に統一することを発表した。機能性やラインアップを更に充実させ、「暑いから着る」という"重ね着"の快適性を新提案。グローバル戦略商品として展開を拡大する。 ユニクロ春夏用インナーが「エアリズム」にの画像を拡大

 ウィメンズ向け「サラファイン」とメンズ向け「シルキードライ」は、2007年から2011年まで累計で約5,400万枚を販売した、春夏を代表する機能性ウェア。ユニクロは、新たに「ヒートテック」と同様のグローバル商品と位置づけ、ブランドを統一。「エアリズム」の名称で、国内・海外ともに戦略を強化することを発表した。ユニクロ取締役 商品本部長の中嶋修一氏は、急増している販売数の推移から「(エアリズムには)ヒートテック以上の潜在需要が眠っている」とし、圧倒的な開発技術による進化に自信を示した。なお、海外展開商品に関しては既に「エアリズム」の名称を使用しているが、国内においては店内表示や広告などを通じ、順次ブランドを浸透させていくとしている。 ユニクロの春夏用機能性インナーは、東レや旭化成と連合し、毎シーズン改良が重ねられている。2012年は繊維の更なる極細化を図り、軽く涼しい空気のような着心地を実現した。新商品として、ウィメンズ用にルームウェアシリーズ「サラファインルーム」や「サラファインショーツ」、メンズ用に「シルキードライステテコ」が登場。「サラファイン」と「シルキードライ」共に2月13日より本格販売が開始され、4月2日よりバレエダンサーの菅井円加さんと俳優の綾野剛さんを起用したテレビCMの放映がスタートしている。