大阪に国内最大級のH&M、パルコ「ZERO GATE」全フロアに出店

写真拡大

 パルコが4月4日、2013年春に開業予定の「心斎橋ZERO GATE(仮称)」の全フロアに「H&M」が出店すると発表した。「H&M」は、2011年11月に大阪2店舗目となる路面店「戎橋店 2号店」を出店しており、「心斎橋ZERO GATE」への出店は大阪において3店舗目。キッズや日本未上陸のラインも取り扱う国内最大級のショップが計画されている。なお、「H&M」がパルコに出店するのは初。 最大級H&Mが大阪ZERO GATE全フロアにの画像を拡大

 「H&M」は、2010年3月に商業ビル「ラズ心斎橋」内に大阪初の店舗「H&M 戎橋店」をオープン。1号店は、観光名所としても知られる道頓堀川に隣接した好立地だが、売り場面積は900?と、国内「H&M」の路面店では小規模のショップだったことから、翌年には向かいのビルに出店。初出店店舗と同等の売場面積約1,000?、4フロア構成の路面店「H&M 戎橋2号店」のオープンにより、道頓堀地区は2棟の「H&M」路面店がそびえ立つ日本初のエリアとして話題となった。 「H&M」が出店する「心斎橋ZERO GATE(仮称)」は、2011年9月に閉店した心斎橋パルコの跡地に建つ商業施設。パルコによる事業戦略「ZERO GATE事業」の一環で、新たな商業施設に事業転換させ、開発している。「H&M」の新店舗は地下1階から地上4階、約3000?という国内最大級の広さを計画。「H&M 戎橋店」、「H&M 戎橋2号店」では取り扱いのないキッズアイテムなども揃える。 パルコは、「ZERO GATE事業」の第1弾として、スペイン発のカジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」を誘致し、「渋谷ZERO GATE」に日本1号店オープン。大阪府内には、「心斎橋ZERO GATE」のオープンと同じく2013年開業に向けて、サミーが運営していたアミューズメント施設「サミー戎橋プラザ」の跡地に新たな商業施設「道頓堀 ZERO GATE(仮称)」を計画している。