シトウレイ著 東京とっておきの100軒をガイド

写真拡大

 ファッションブロガーのシトウレイが、自身2冊目のファッションブック「日々是東京百景」を文化出版局からリリースした。1年間のダイアリー形式に、ファッションを中心としたお気に入りの東京ブランド、ヴィンテージショップ、カフェ、書店、ヘアサロンなど厳選した100軒をコメント付きで紹介。シトウ氏が撮りおろしたスナップやファッションに精通するゲストとの対談でヒトというカテゴリーにもフォーカスし、東京の「今」を伝える。 シトウレイが綴る東京ガイドブックの画像を拡大

 ファッションを基軸とした東京ガイドブック「日々是東京百景」は、「この街にいる楽しさをあなたとそのままシェアしたい」という思いから制作がはじまった一冊。渋谷、原宿、青山界外、代官山、高円寺をメインエリアに、「sacai(サカイ)」から「DOG(ドッグ)」まで、ジャンルレスなお店をウィメンズ・メンズ合わせ季節の移ろいと共に紹介している。 ダイアリーページの他に「Fashion Talk」「FAVORITE」「東京のメンズブランドを着る」と題し、ファッショナブルな人やモノを通じて自身のことにもフォーカス。「Fashion Talk」では、「CA4LA(カシラ)」オーナーの吉澤利男氏や早稲田大学の同窓生で「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナー森永邦彦氏と対談。「FAVORITE」では特別思い入れのあるTシャツや珍しい着物姿を披露している。メンズトレンドにも敏感な著者らしく「東京のメンズブランドを着る」では、セルフスタイリングでお気に入りのメンズブランドを紹介。レンズを通して街の人と向き合う日々を、Most Influential Street Style Bloggersにアジアで唯一選出されたシトウ氏ならではの視点で綴っている。 本作の見所についてシトウ氏は「思いがいっぱい詰まった本なので選ぶのは難しいけど、大森仔佑子さんとの対談かな。17年間オリーブのスタイリングを手掛けていた大御所で私の高校生からの憧れの人。停滞してしまっている今のファッションをこれから変えるだろう学生の人たちに読んで欲しいです。」と取材で語っている。対談では大森さんのブランド"DOUBLE MAISON"の着物を着ているので、こちらも要注目とのこと。 ■「日々是東京百景」文化出版局 著者:シトウレイ ¥1,350(税込)