赤ちゃんを授かると、多くの女性が"妊娠脳"(pregnancy brain、物忘れが激しくなったり、一時的な記憶喪失など)なるものを経験するらしい。出産も近いといわれている最近のジェシカ・シンプソンの言葉を見ると、妊娠脳どころか何を考えているのかさっぱりつかめないコメントも多く、天然ぶりに磨きがかかっているようだ。

NBCのリアリティー番組『ファッション・スター』でも最近、彼女の妊娠が話題となった。自身の激太りの妊婦姿に話が及ぶと、「破水するときは消火栓みたいになっちゃうわね!」と、汚れキャラも辞さない(?)オープンなコメントも飛ばしていたジェシカ。過去にはそれだけにはとどまらない意味不明な迷言も多い。

その1: 「1日中飲みまくってやろうと思ってたの。バイクに乗ったり、外出したり...ヤバいこともやっちゃおうって! でも、だんだんそれはやりすぎじゃないかって思い始めたの」(妊娠が判明して。『ELLE』誌)

その2: 「もし男の子だったら、チュチュ(バレエ用スカート)を着せるわ!」(子どもの性別が分かる前に、どんな服装をさせたいかを聞かれて。『People』誌)

その3: 「次の子どもが待ちきれないの。妊婦でいることはすばらしいわ。私自身と自分の体がこんなふうにつながっているなんて信じられないし、こんな体験は初めてよ!」(今後の家族計画について。『People』誌)

その4: 「普通の妊婦は(1日に)15回もおならをするのよ!」(妊婦生活について。ツイッター)

その5: 「狂ったようにカンタロープ(cantaloupe、マスクメロンの一種)が食べたくなるの...それに塩をどっさりかけるんだけど、それが健康的なのかどうかは分からないわ」(妊娠中の禁断症状について。『People』誌)