(社)日本ライフスタイル協会が主催する「リフォームスタイリスト資格認定講座」が、4月から7月にかけて、東京、名古屋、大阪で開講される。
「リフォームスタイリスト資格認定制度」とは、住宅リフォームの相談・助言業務に携わるセールスアドバイザーの資格を認定する制度。消費者ニーズの高い水回りリフォーム、需要拡大が見込まれる省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震リフォームなどについて、一定水準以上の知識と能力を持ち合わせていることを日本ライフスタイル協会が認定し、「リフォームスタイリスト」として資格を与える。「リフォームスタイリスト」の資格を取得するためには、講座を1日受講した後、在宅試験で合格する必要がある。
今年度前期で行われる講座は、4月18日(第16回東京)、5月16日(第17回名古屋)、6月6日(第18回大阪)、7月11日(第19回東京)の4回。定員は各回50名。受講料は2万1000円(資格認定料・課題審査料、消費税含)。申し込みはインターネットから可能。