さらに過激に!? 『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』、アニメ化決定

写真拡大

「ジャンプSQ.」(集英社刊)にて連載中の『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』(漫画 / 矢吹健太郎、脚本 / 長谷見沙貴)のアニメ化が、本日4月1日(日)、「アニメコンテンツエキスポ2012」のジェネオンブースにて発表。

『To LOVEる-とらぶる-』『もっとTo LOVEる-とらぶる-』に続き、熱いファンの声に応え、三たびのアニメ化となった。

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』は不動の人気キャラクター・金色の闇、そしてララの妹で、リトを肉食系に変貌させ「ハーレム計画」を進行させようとするモモを中心にストーリーが展開。

今回のアニメ化にあたり、監督は大槻敦史氏、キャラクターデザインは岡勇一氏、アニメーション制作はジーベックが担当する。

可愛くて過激な本作が、どのようにアニメ化されていくのか? 今後の展開に注目しておきたい。