ワーナー・ブラザースが、『セックス・アンド・ザ・シティ』の青春篇ともいえる『The Carrie Diaries』のパイロット版の写真を公開した。

「『SATC』シリーズに加わる者として、マンハッタンの"イット・ガール(It Girl)"の精神を具現化した人物をファンに披露する重大さを感じていました」と語るのは、『The Carrie Diaries』の脚本と製作総指揮を担当するエイミー・B・ハリス。

「アナソフィア・ロブが部屋に入って来たとき、私たちは"キャリー"を見つけたと思いました。彼女の持つ優雅さや知性、遊び心は若いころのキャリー・ブラッドショーにピッタリだったのです。それにアナソフィアも、(キャリー同様)ゴージャスなハイヒールが好きですしね」

サラ・ジェシカ・パーカーは、HBOで放映されたドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(前6シーズン)に加え、2本の劇場版でキャリー・ブラッドショーを演じていた。

「キャリーのようなキャラクターの衣装を担当するのは、めったにない機会」と語るのは、エミー賞にも輝いた衣装デザイナーのエリック・ダマン。「皆から愛されるキャリーの衣装をデザインできるなんて、とても光栄だよ」

『The Carries Diaries』として戻ってきたキャリー・ブラッドショー
候補にはブレイク・ライヴリーやエマ・ロバーツ、マイリー・サイラス、ディアナ・アグロンがいたが、アナソフィア・ロブに決定
アナソフィアは『チャーリーとチョコレート工場』に登場
ファッションウィークのランウェイに登場済み&『Teen Vogue』や『Nylon』の表紙を飾っている
コロラド州デンバー生まれだけど、ロンドンやLAなど大都市が大好き!