「お世話になります」って必要?
大人になって働き始めると、社会には、礼儀作法とは少し違う、独特のマナーが存在することに気づきます。その代表例が「お世話になっております」というあいさつ。電話対応やメールなどで、何気なく遣っている人が大多数だと思いますが、「これってほんとに必要なの?」という質問が、教えて!gooに寄せられていました。

お世話になっております。

質問者のswansongさんは「『お世話になっております』を言うことは、そんなに大事なのでしょうか?」と単刀直入に問いかけています。不要と感じている人は、やはり多いのでしょうか。

■言わないよりは言った方が良い?

回答を見ると、「この言葉は不要」と答えた人は、9人中2人だけと、極めて少数派。以下はその2人の意見です。

「ただのあいさつや電話応対ならそんな事を言わなくてもいいのでは?」(noname#16541さん)

「社交辞令は省いています」(ozisanさん)

極めて正論ではありますが、「そうは言ってもねぇ…」というのが大多数の意見だと思います。実際にそのほかの回答者は、「社交辞令だよな…」と感じつつも、この言葉を遣っているよう。次の2人の意見が代表的なものです。

「仕事をしていると、事務的なあいさつの一環として遣います。営業などでは、実際にお世話になっていなくても、遣うことは多々ありますよ」(kotokoさん)

「私などは癖で誰にでも言ってしまうので、価値というか重みはないと思います」(noname#7200さん)

さらに「こっちが言ったのに、相手が言わないと、『ハァ?』って思います」(noname#57092さん)という人もいるように、この「お世話になっております」の応酬は、ことを円滑に進める上で役に立っているようです。

次はyu-taroさんの意見。

「言われた方が、多少でも気持ち良く応答できるためだと思います。まして、電話では相手の顔が見えないので、言葉遣いや口調しか、相手に意思を伝える術がありません。(中略)…虚礼でも、言わないよりは言った方が良いというものです」

■「お世話になっております」と言ったばかりに…

しかし、中には逆に「お世話になっております」と言ったことにより、トラブルになった例も。

「『お世話になっております』に対して『おたくを世話した覚えはねぇな』と言われたことがあります。『まぁ、言ってみただけで本気じゃないですよ』と言い返したら、『なんだとぉ』と怒り出しました。どっちもどっちですけど、『お世話になっております』『こちらこそ』の方が、平和な感じですね」(ykkw_2001さん)

この例は極めて極端なもので、やはり「お世話になっております」を言っておいた方が、トラブルになる確率は格段に低いでしょう。凡庸(ぼんよう)極まりない結論になりますが、よほどの強い信念や、この言葉に対する強い違和感を持っていない限り、「とりあえず言っておいた方が無難」ということでしょうか。

古澤誠一郎(Furusawa Seiichiro) →記事一覧

■関連Q&A
面倒だなあ〜と思う、ビジネスマナー
「ご連絡いたします」は敬語として正しい?
■関連記事
使っちゃいけない?「取り急ぎ用件まで」
「お名前様」「漢字様」って変じゃない?