UFC3連勝で2012年の飛躍が期待されるTUF13ウィナーのトニー・ファーガソンは、2カ月で2度対戦相手が変わるという事態に

写真拡大

29日(木・現地時間)、5月から再びイベントラッシュに突入するUFCから、続々と対戦カード決定の報があった。

まず5月5日(土・同)にニュージャージー州イーストラザフォードで行われるUFC on FOX03「Diaz vs Miller」で、TUFシーズン13ウィナーのトニー・ファーガソンが、TUF12ファイナリストのマイケル・ジョンソンと対戦することとなった。

当初の予定では、ファーガソンは同大会でデニス・ホールマンと戦うことが決まっていたが、ケガで欠場。代役としてチアゴ・タバレスがファーガソンの対戦相手となるも、そのタバレスが負傷欠場となり、結果ジョンソンとの一戦を迎えることとなった。

続いて6月8日(金・同)のUFC on FX03で日本大会を欠場したレオナルド・ガルシアが、マット・グライスと対戦。崖っぷちのガルシアが、どのような戦いを見せるか注目が集まる一番だ。

さらにUFC147=ブラジル大会の前日6月22日(金・同)にアトランティックシティのレヴェル・カジノで開催されるUFC on FX04で、ロス・ピアソン×カブ・スワンソンのフェザー級戦、キャリア8連勝中で負け知らずのCJ・キースが、UFC13準優勝のラムジー・ニジェムを相手にUFC初陣を迎えるライト級マッチ、この2試合も発表された。

ピアソン×スワンソン戦に関して、ダナ・ホワイトは「ピアソンがフェザー級で2勝目を挙げて、その地位を確かなものにするために、この階級で最も戦闘的でエキサイティングなファイターと戦うことになった」とコメントしている。

最後に7月7日(土・同)MGMグランドガーデン・アリーナ大会=UFC148で、カビブ・ナルマメドフとグレイソン・チバウ戦が組まれ、現時点で同大会は米国は当然として、ロシア、ブラジル、カナダ、韓国、日本、キプロス、英国に加えカナダ在住エルサルバドル、米国籍ベトナム人ファイターが出場する国際色豊かなイベントになる模様だ。
詳細&対戦カードはコチラ