ソマルタが初出展 日本最大の美術見本市「アートフェア東京 2012」開幕

写真拡大

 日本最大の美術見本市「アートフェア東京2012」が、3月30日に開幕した。会場は東京国際フォーラム。国内外160以上のギャラリーやパートナー企業が、古美術・工芸から、日本画・洋画、現代美術まで、時代とジャンルを超えた作品を展示・販売。特別ブースには、東京コレクションブランド「SOMARTA(ソマルタ)」が初出展している。会期は4月1日まで。 アートフェア開幕 ソマルタが初出展の画像を拡大

 2005年から毎年開催されている「アートフェア東京」は、東京のアートシーンの魅力を広く伝える役割を担っており、2012年で7度目の開催を迎えた。「アートフェア東京2012」では、東アジアのギャラリーにフォーカスしたセクション「ディスカバー・アジア」を新設。ソウルや台北、北京などのアジアの主要都市で評価の高いギャラリーが参加している。また、世界各国の若手ギャラリーが出展する「PROJECTS」では、ブース内では収まりきらない大きな作品を展示する新セクションとして、新たに「project in PROJECTS」を設置。アーティスト集団Chim↑Pom(チンポム) らが作品を展示している。その他、伊勢谷友介が、「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」 をテーマに主導するプロジェクト「REBIRTH PROJECT」や、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」による特別ブースが登場している。 「SOMARTA」は、経済産業省が実施している「TOKYO SPRING」の一環として、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW)とのコラボレーションブースに出展。「ニュータイプ」をコンセプトに掲げて、昆虫採集をイメージした空間を演出。壁にはブランドを象徴する「スキンシリーズ」のボディーウェアが標本に見立てて針で刺されている他、場内には昆虫を模したヘッドアクセサリーが、一点一点スケルトンのカプセル内に展示されている。3月29日のプレスプレビューに訪れたデザイナー廣川玉枝は、「会期中もブースに顔を出す予定。来場者と接する良い機会になれば。」とコメントした。■アートフェア東京2012 会期:3月30日(金)11:00-21:00    3月31日(土)11:00-20:00    4月1日(日)10:30-17:00    ※全日入場は終了30分前まで URL:http://artfairtokyo.com/