ホームページに掲げられた「閉店のお知らせ」

写真拡大

2012年3月末の新宿三越アルコット閉店に伴い、テナントのジュンク堂書店新宿店が「本当に売りたかった本フェア」を開催して話題になっている。どんなイベントなのか気になって、訪れてみた。

6階から8階の各フロアには、レジ脇などに「新宿店スタッフが感謝をこめてお客様におススメしたい一冊」や「児童書売場を共に盛り上げてくれた作家たち」「社会科学書担当者が本当に売りたかった本」といったコーナーがあった。すでに一部撤収していたのか規模は大きくなかったが、心のこもった品揃えがなされていた。

初めて目にする出版社やテーマにうなる

フェア台に並べられたすべての本には、思い入れたっぷりの手書きポップがついていた。思わず手に取りたくなってしまう。料理本のコーナーには、見たことのない表紙がズラリ。こんな本が出ていたのか。愛情のこもった推薦理由を見ると気持ちがほっこりし、ろくに料理もしないのに1冊購入してしまった!

店員さんに聞いたところ、フェア用の本はすべてフロアの担当者が自由に選んだという。売れ筋やベストセラー、話題の新刊にはこだわらない「自分にとっての至極の作品」が並ぶ様子は、蔵書家のお宅の書棚にも見える。

社会科学書フェアの台には、こんな本が並んでいた。袴田事件の元主任裁判官・熊本典道を描くノンフィクション『美談の男』(鉄人社)、空港開港に反対した地元農民の闘争を撮影した写真集『三里塚―成田闘争の記憶』(新泉社)、行動経済学の創始者による入門書『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』(楽工社)など。

いずれも初めて目にする出版社の、ニッチなテーマの本だ。日々多くの本に接している店員さんが実際に読んで「これはすごい」と思ったものばかりだから、きっとインパクトのある良書に違いない。

帰宅してネットを見てみると『美談の男』には、数は多くないが高得点のレビューがついていた。「筆者の真相に迫ろうとする迫力に、時間を忘れて引き込まれてしまう」「ページを捲る手が止まらない迫真のルポ」といった好評価が書かれていた。本当はこういう本を、お客さんに読んでもらいたかったのか…。

「しなければならない仕事」を回しながら

ふと、店員さんに「これまでは何を売っていたんですか?」と聞いてみようかという生意気な思いもよぎったが、口にすることはできなかった。

閉店セールでこのような企画を開くくらいだから、「本当にしたい仕事をしたい」という思いを抱えながら、日々の仕事をしていたに違いない。もちろん普段からこだわりの品揃えはあったようで、ミシマ社という自由が丘の小さな出版社のブログには、

「ジュンク堂新宿店さんは、ミシマ社の書籍を それはそれはべらぼうに売り伸ばしてくださいました」

という感謝の言葉が書かれていた。

本屋さんも商売なので、売り上げを伸ばすには有名著者や有名出版社のベストセラーなど「売れ筋」を前に出したほうが効率的、というのが一般的な常識なのだろう。それでどこの店に行っても、似たような品揃えになってしまう。

でも、読者にとっては、本は商品を超えた存在だ。実際にこういうフェアに接すると、本屋さんには「いつもこういう場であって欲しい」という気持ちがわいた。売れ筋ばかりなら、ネット通販の方が断然便利だからだ。「アマゾンのベストセラーよりも、実はこっちの方がずっと面白い本フェア」とか、もっとどんどんやってもいいのではないか。

一方で、売りたい本を売るためには、それだけの余裕が必要で、そのために売れ筋で数字を確保することもあるだろう。どんな仕事であっても「しなければならない仕事」を回しながら、「本当にしたい仕事」の割合を増やしていけるのが理想なんだなと思った。(池田園子)