120319_Quarrels.jpg


口論はほとんどの場合、誤解を広げる

この格言は、フランスのノーベル文学賞作家アンドレ・ジッドの言葉です。怒りをまくし立てて口論すると、問題を解決するどころか余計にこじらせることがあるということを言っています。

 

人は、怒りに任せてさまざまなことを口にしてしまうことがあります。怒りを爆発させることで気分が良くなることもありますが、大抵はさらに気分を悪化させます。怒りやストレスを発散させると普通はさらに怒りが増し、その怒りがトラブルを生んで問題は一向に解決しません。

「これは怒って当然だ」と思って怒ってもいいように感じても、思慮深く落ち着いて話した方が大抵はうまくいきます。会話の流れで口論になりそうだと思った時は、少し時間を空けて気持ちを落ち着かせるようにしましょう。我を忘れるほど怒って状況が改善することなどほとんどありません。


Andre Gide Quotes | Quoteland via Swissmiss

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)