都心の真ん中にも荒野があった

写真拡大


以前に紹介したもののひとつに「荒野の外蛇口」がある。広い場所にポツンと佇んでいたものだ。
それが都内のしかも中心部に見つけることができた。

荒野度は少ないかも知れないが唐突にあるのがすばらしい。
荒野っぽいポイントである。



同じ公園内にあるものでも高さが違う。
てっきり同じ規格で統一していると思ったら
どうやら高さまでは厳格に決まっていないようだ。



国会を望む外蛇口。
日本の中枢と外蛇口が手を結んだ瞬間である。
後ろが国会になっただけで頼もしく思えてくる。
日本を支える外蛇口である。



拡大してみたところ「KAKUDAI」と記載があった。
どうやら近くまで寄って拡大して見ろということだろう。
ご利益がありそうだ。



場所によっては止水弁というものが
併設されている。
重要な蛇口とそうでもないのがあるようだ。
節水対策もぬかりない。



こちらにも止水弁。
地面と同じ高さまで埋まっている。
すっきりしていて良い。



こちらの止水弁は出っ張っている。
そして外蛇口は若干短めである。


この場所、国会前にある公園なのだが、
ものすごい数の外蛇口が群生しているという
都内屈指の外蛇口鑑賞スポットである。
しかも、蛇口部分と台座については
高さは違うがほぼ同一規格で揃っているのだ。

荒野の外蛇口があった場所も同じものが揃っていた。
現在は荒野ではなく住宅地になったとのこと。
ここは公園なので住宅地にはならないので安心だ。

なかなか外蛇口が見つからない!
と嘆いてる方には朗報だろう。
猛烈な数の外蛇口が待っている。