オリコンの雑誌『オリ☆スタ』1月30日号に「女子が選ぶ『好きな女子』AWARD 2012」が掲載され、タレントのベッキーが1位に輝いた。

 圧倒的な"女子ウケ"を誇る彼女の人気の秘密は何か。同誌に寄せられたコメントには、「いつも明るくて観てると楽しい」(青森県・23歳)、「観ているだけで元気をもらえる」(東京都・25歳)など、その明るいキャラクターに憧れる声が多数。

 ほかにも、「疲れていてもそれを感じさせないプロ根性がすごい」(群馬県・28歳)、「どんな仕事も一生懸命取り組んでいる」(愛知県・21歳)など、仕事に対するマジメな姿勢も好評価の対象になった。

 実際、彼女はテレビを中心としたタレント業だけでなく、歌手としても活躍するマルチな才能の持ち主。中高生からの人気も高く、3月5日には私立橘学苑高等学校(神奈川県横浜市)の卒業式でサプライズライヴを開催。20分に渡り、新曲「ヤルキスイッチ」などを披露した。

 今回のライブは、「歌を歌い、自分で歌詞も書いているのだから、これから頑張ろうとしている方々に直接会ってお祝いしたい、音楽を届けたい」というベッキー♪#本人の希望により実現。このように最近の彼女は、"頑張る中高生"を応援する試みに熱心だ。

 2月14日には、ラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM系)内にて、"15の春"を応援する楽曲の制作を発表。日本中のティーンから人気を集めるBase Ball Bear・小出祐介とのコラボで話題となった。

 この企画は、『ジーニアス英和辞典』で知られる大修館書店が提供。同社のキャンペーンサイトでは、楽曲タイトルを決める「投票」も行われた。

 そして、3月20日の放送ではフルバージョンを初オンエア。『15〜Spring Flag〜』と名付けられたこの曲には、全国のリスナーから「込められてる思いがすごい」「スーパー超絶いい曲っ」「最初はコラボすることに抵抗があったけど、(完成した曲は)最後まで良かった」などの声が番組の公式掲示板に集まった。

 CDリリースは未定だが、現在は大修館書店の『15の春応援キャンペーン』のキャンペーンサイトにて、先着10,000名限定で着うたの無料ダウンロードを行なっている。

 女子から「観ているだけで元気になる」と評されるベッキーは、中高生にも元気を届ける存在になろうとしているようだ。


大修館書店 15の春応援キャンペーン




『「女子ウケ1位」のベッキー♪#が中高生応援ソング発表!』
 著者:
 出版社:大修館書店
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「人口減少社会」をよりよく生きるヒントは富山市にあった?』(2012年3月22日09:00)
『アノヒトの読書遍歴 園山真希絵さん(後編)』(2012年3月21日10:00)
『アノヒトの読書遍歴 園山真希絵さん(前編)』(2012年3月20日10:00)


■配信元
WEB本の雑誌