NINA RICCI、2012-13秋冬の最新コレクション

写真拡大

 「NINA RICCI(ニナ リッチ)」が3月28日、「聖徳記念絵画館」で2012-13年秋冬コレクションショーを開催した。約100mのランウェイの天井にはシャンデリアが下がり、パリのファッションウィークで発表したコレクションを東京で再現。少女が憧れている母親や祖母のクローゼットのイメージから「Nostalgia for the present」をテーマに、女性的なワードローブを繊細かつロマンティックに表現している。フィナーレには、1932年創業の老舗メゾン「NINA RICCI」を現代に受け継いでいるデザイナー、Peter Copping(ピーター・コッピング)が登場した。


NINA RICCIのコレクション画像を見る